« 2022年11月 | トップページ

2022年12月27日 (火)

当社「将軍の日」再始動!

 今年もまた、コロナウイルスに振り回された一年でした。そうした中、当社のトレードマークの中期経営計画教室「将軍の日」を今年度から再開しました。平成9年に立ち上げて、毎回3社~4社、異業種の経営者の方に参加していただき、自社の経営計画を立ててもらうものでしたが、コロナをきっかけに一時中断しておりました。再開にあたっては、どう教室を運営するか迷っていましたが、今年度からは、より深く、じっくりと計画を立ててもらうために1社開催とさせていただくことにしました。

 また、その計画を「絵に描いた餅」に終わらせないようフォローさせていただく体制も整えました。その結果、今年度は年間6回実施し、記念すべき通算100回を終了することができました。来年度以降も更に講義内容をバージョンアップさせて、少しでも皆様のお役に立てるよう全社一丸となって継続、発展させていきたいと思っております。引き続き、ご支援の程よろしくお願いいたします。

 将軍の日では、自社の5か年計画を立ててもらいますが、何度お誘いしてもなかなかやってみると言ってくださらない方がいます。その理由としては①先のことはわからない。②小規模会社に必要ない。③数字は苦手。④計画通りにならない。⑤まずは売上さえ上げておけば良いのだから面倒な経営計画はいらない。⑥経営計画は利益を生まない。・・などです。このような社長さん方は、経営計画について大きな誤解をされているのだと思います。経営計画は、未来を予測したり、予言するものではありません。我々は占師でも預言者でもないのですから。経営計画を立てる目的は、あくまでも「目標を設定」することなのです。目標設定ができてこそ、業績を伸ばせるし、不測の事態にも対応できるのです。

 我が国の経営コンサルタントの第一人者である一倉定先生もその著書で次のように話しています。「人間というものは、目標があると、それに向かって努力する、という不思議な動物である。同時にこの目標指向は誰もが持っている。人間の持っている、そしておそらくは人間だけしか持っていない、この特性を有効に利用しないという手はないのである。・・・社員を動機づけているものは、社長自らの決意と責任から生まれる会社の未来像であり、その中に示された目標なのである。・・ここに全員経営が生まれるのである。そして業績は見る見る上がってゆくのである。」と。

 目標を設定すると創造性が発揮されることは、大脳生理学的にも証明されているようです。新日鉄の元会長の武田豊氏は大脳生理学の研究でも有名ですが、武田氏の説明によると、まず「目標を設定する」すると「思いをめぐらす」という心の動きが大脳の前頭連合野というところで出てくるそうです。この思いをめぐらしている間に、今まで得た知識を組み合わせる作業が始まり、これが普通は「思考」と言っているものです。この思考を行って「ひらめき」が発生し、創造的なものが考え出されるというのです。従って、創造は偶然から出てくるものでなく、「目標を設定しなければ創造は絶対出てこない」と武田氏は話されています。

 来年度は、社長さん方の「目標設定」のお手伝いを「将軍の日」を通して今まで以上にお手伝いしていきたいと思います。一緒に頑張りましょう。応援しています。

2022年12月 2日 (金)

名義預金について

 私が開業して間もないころの失敗談です。

 80代の奥様からご主人の相続税の申告を依頼されたことがありました。亡くなったご主人は医師で内科クリニックを営まれていました。相続人は奥様と東京に住む長男の2名でした。奥様の話では、ご主人は真面目で数字にも強く、毎年、所得税の申告は税理士には頼まず、ご自分でされていたとのことでした。

 相続財産について尋ねると、同じ敷地内にある自宅とクリニックの土地と建物、そして銀行預金のみということでした。続いて、私は奥様の預金について尋ねました。名義預金の確認をしたかったからです。奥様は、看護学校卒業後、看護師として大病院に勤務し、ご主人の独立後はクリニックで看護師として昼夜問わず働いていたとのことです。今思うとチェックが甘かったと反省していますが、見させていただいた奥様名義の預金の額くらいしかないという奥様の話を信じ、問題ないと考え申告を済ませました。

 申告後2年程経過した時点で、税務調査が入りました。調査官の話だと奥様名義の定期預金が5000万円別にあるが、これはご主人の「名義預金」ではないかというのです。私は「これは困った。」と内心思いながらも、若い時、奥様は看護師をしていてそれなりの所得があったことや奥様の実家は裕福で、父親が奥様の結婚の時、多額の結婚祝い金を持たせてくれたなどの説明をしました。しかし5000万円という金額の説明には足らず、その定期預金は名義預金として修正を余儀なくされました。何よりも長年ご主人を看護師として支えてきたにも関わらず、ご主人は白色申告だったので、奥様は給与を支給されていなかったことが致命的でした。

 相続税の世界では、夫婦共に力を合わせて築いた財産でも本来は誰のものか、どういう過程で形成されたものかが問題となります。よくお金には色はないと言われますが、贈与するとか、事業をしていれば給料で支払うとか、敢えて色を付けてお金を動かす必要があるのです。このご夫妻の場合も、青色申告で奥様に専従者給与を支払っていれば調査官も5000万円全てが名義預金だと主張することはできなかったでしょう。

 これ以降、私は相続の打合せで訪問した際は、相続人の預貯金を可能な限り見させていただくようにしています。「なぜ私の通帳まで見せなくてはいけないの?」と怒られる方もおられますが、その際は名義預金について詳しく説明して納得いただくようにしています。

 また、贈与のケースでよく見かけるのが、祖父が孫たちに、110万円を贈与して孫名義の通帳と印鑑を「孫に無駄使いされないように」と祖父が自分で管理しているケースです。もらった本人が自由に使えないのでは贈与は成立しません。これは完全に「名義預金」に認定されますので注意が必要です。

 誰かがお金の流れを追えば真実がわかると話していましたが、「名義預金」も名義は誰でも真の持ち主は誰かということです。将来、誤解を生まないように日頃からしっかり現預金の管理をしていってもらいたいものですね。

« 2022年11月 | トップページ