« 現金の取扱いについて(現金管理の基本) | トップページ | 年末調整(準備事項と添付書類) »

2014年10月24日 (金)

不動産を購入した時の税務上の扱い

 不動産を購入した時には売買代金以外にさまざまな費用が発生します。その中には取得原価(資産計上)にしなければいけないものや、経費にしてもよいものなどがあります。以下にまとめてみました。

区分 個人の場合 法人の場合
①登録免許税・不動産取得税 経費or取得価額 経費or取得価額
②司法書士報酬 経費or取得価額 経費or取得価額
③印紙税 経費 経費
④仲介手数料 取得価額 取得価額
⑤立ち退き料 取得価額 取得価額
⑥固定資産税 取得価額 取得価額
⑦土地とともに取得した建物の取り壊し費用 土地の取得価額 土地の取得価額

« 現金の取扱いについて(現金管理の基本) | トップページ | 年末調整(準備事項と添付書類) »

中小企業・企業会計」カテゴリの記事

復興財源確保法・復興特別法人税・復興特別所得税」カテゴリの記事

所得税・確定申告・年末調整・雑損控除」カテゴリの記事

法人」カテゴリの記事

相続・贈与」カテゴリの記事

税制改正・税金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/60536414

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産を購入した時の税務上の扱い:

« 現金の取扱いについて(現金管理の基本) | トップページ | 年末調整(準備事項と添付書類) »

ちば会計

無料ブログはココログ