« 不動産所得の収入計上時期 | トップページ | 現金の取扱いについて(現金管理の基本) »

2014年8月 1日 (金)

復興特別法人税の1年前倒し廃止(26年税制改正)

 平成26年3月31日に公布された所得税法等の一部を改正する法律(以下「平成26年改正法」)により復興特別法人税制度が改正されました。

 平成26年改正法により、復興特別法人税の課税の対象となる事業年度(以下「課税事業年度」)は、「平成24年4月1日から平成26年3月31日(改正前:平成27年3月31日)までの期間(指定期間)内に最初に開始する事業年度開始の日から同日以後2年(改正前:3年)を経過する日までの期間内の日の属する事業年度」とされました。これにより、復興特別法人税の課税期間が1年短縮されました。

したがって、平成26年4月1日以後に開始する事業年度については、原則として、課税事業年度にはなりません。

(注)1 平成26年4月1日以後に開始する事業年度であっても、事業年度変更などにより、その事業年度に、指定期間内に最初に開始する事業年度開始の日から同日以後2年を経過する日までの期間内の日が含まれることとなる場合には、課税事業年度となります。

 

復興特別法人税の改正の概要(国税庁)

« 不動産所得の収入計上時期 | トップページ | 現金の取扱いについて(現金管理の基本) »

中小企業・企業会計」カテゴリの記事

復興特別区域・復興特区法」カテゴリの記事

復興財源確保法・復興特別法人税・復興特別所得税」カテゴリの記事

東日本大震災・災害」カテゴリの記事

法人」カテゴリの記事

税制改正・税金」カテゴリの記事

26年税制改正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/60076979

この記事へのトラックバック一覧です: 復興特別法人税の1年前倒し廃止(26年税制改正):

« 不動産所得の収入計上時期 | トップページ | 現金の取扱いについて(現金管理の基本) »

ちば会計

無料ブログはココログ