« 「消費税転嫁対策特別措置法」重要ポイントQ&A | トップページ | 「消費税 経過措置・転嫁対策 の チェック項目」 »

2013年11月25日 (月)

ホームページの製作費用

 インターネット上に自社をPRするためのホームページやブログはたくさんあります。

さて、このホームページの製作費用は一時損金となるのか、または減価償却資産となるのか考えるところです。

 通常の場合は、頻繁に更新され効果が1年以上に及ばないということで、原則として一時の損金と扱われるようです。

ただし注意が必要です。

作りっぱなしで更新しない場合は、その使用期間に応じて償却。

プログラムの製作費用が含まれる場合は、その製作費用に相当する場合は無形減価償却資産(ソフトウェア)として耐用年数5年で償却することとなります。

 

国税庁タックスアンサーNo.5461 ソフトウェアの取得価額と耐用年数

 

« 「消費税転嫁対策特別措置法」重要ポイントQ&A | トップページ | 「消費税 経過措置・転嫁対策 の チェック項目」 »

中小企業・企業会計」カテゴリの記事

所得税・確定申告・年末調整・雑損控除」カテゴリの記事

法人」カテゴリの記事

減価償却費」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/58640849

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページの製作費用:

« 「消費税転嫁対策特別措置法」重要ポイントQ&A | トップページ | 「消費税 経過措置・転嫁対策 の チェック項目」 »

ちば会計

無料ブログはココログ