« 2013年4月17日 (水) | トップページ | 2013年4月19日 (金) »

2013年4月18日 (木)

2013年4月18日 (木)

人の顔と名前を覚えるための5つのコツ

 仕事でもプライベートでも、人の顔と名前を覚えることはとても重要ですが「なかなか覚えられなくて困っている…」
という人は案外多いようです。

社会生活では以前会った人を覚えていないと失礼に当たり、逆に覚えていて名前を呼びかけると好印象を与えます。

そこで、人の顔と名前を覚えるコツを紹介します。

①何度も意識的に名前を呼ぶ
名刺をもらったらすぐに名前を復唱し、その後も「○○さんは…」と意識的に名前を盛り込みながら話しかけます。
名前を呼ぶ体験をすると、外見と名前を結びつけやすくなります。会っている間、心の中で名前を反復すると、さらに記憶が強化されます。

②見た目の印象と結びつける
・目、鼻、口、輪郭、体格、めがね、ほくろ、髭など、その人の特徴的な部分を見つける。
・似ている有名人やマンガのキャラ、動物、自分の知人などと結びつける。
・「背が橋さん」「眉毛が田さん」など、見た目と名前を関連づける。

③会話の中で情報収集
・名前に関する話をする。珍しい名前なら出身地や由来を聞いてみる。
・「ハスキーな声」「関西弁」など、声や話し方の特徴を見つける。
・「将棋が趣味の角田さん」など会話の内容と名前を結びつける。

④相手に関する情報を細かくメモ
会った後は、名刺の余白や携帯情報端末などに、見た目と会話で得た情報を細かくメモして記憶を整理。
絵心のある人は似顔絵を描くのも手です。ただし、人の目に触れないようにきちんと管理しておきましょう。

⑤名刺整理は2段階で
名刺を保存するときは、最初からアイウエオ順に整理するのではなく、しばらくは会った順に並べておくと、
記憶を呼び覚ます助けになります。また、最近では人との出会いを記録するアプリ(「Evernote Hello」など)も人気です。

接客のプロなど“名前を覚える達人”によると、「大切なのは相手に関心を持つこと」だといいます。
好きな人の顔や名前を忘れる人はいないはず。出会いに感謝して、相手を好きになることが覚える早道のようです。

« 2013年4月17日 (水) | トップページ | 2013年4月19日 (金) »

ちば会計

無料ブログはココログ