« 2012年10月 9日 (火) | トップページ | 2012年12月 3日 (月) »

2012年11月 1日 (木)

2012年11月 1日 (木)

年度経営計画の策定

 年度経営計画の策定にはどの階層が関わるべきでしょうか。

年度経営計画の作成は、トップ層だけでなく幹部層、できれば全社員の関わりで作成すべきものです。

 そのためには、経営計画策定に全社員が理解を持ち、興味を抱かせる必要があります。

 そのひとつの手段として、経営計画に待遇改善や環境改善を盛り込むことがあり、それにより、社員自身がこれを達成するために自らが進んで策定することとなり、みんなの理解と合意の上で労働環境を変え、待遇を改善していくことが可能となります。これにより、会社に蔓延している「あきらめ風土」を払拭し、社員にとって魅力ある会社づくりに貢献させることが狙いです。

 ところで、全員の参加でつくるとはいえ、おのずから役割の分担はあります。その役割は各階層で異なります。トップ層は経営ビジョンと方針、幹部は戦略の具体化、管理者・一般層は実行計画の策定ということです。

 経営計画策定にあたって、社長の一番の役割は、社長補完者の協力を得ながら、自社の経営力を正しく把握するとともに、外部環境の動向を掴み、変化をチャンスと捉えて的確な戦略の
方向づけをすることです。

 幹部層は、経営方針にそって戦略を練ることが求められます。

また、担当部門の政策や予算もつくることになりますが、それには自分の協力者である部門の補完者を参加させて、むしろ補完者を中心に立案させ、これを指導しながら部門計画をまとめることが必要です。

 

 

相手が話したくなる「話の聴き方」

 コミュニケーションの基本は会話です。そしてその会話の中で最も重要なのが、話の聴き方です。高い成績を挙げる営業マンの多くは、そんなに話し上手ではありません。「なんでこんなにおとなしい人がトップ営業マンなんだろうか?」と思うような人が多いのです。

 上手なコミュニケーションの基礎となるのは「話す」ことよりも、「聴く」「訊く」ことで、「話し上手は聴き上手」なのです。

 実際には、相手との類似点を即座に見つけることは容易ではありません。それでは、「類似性の法則」を用いて相手のバリアーを取り除き、信頼関係を構築するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

 答えは意識的に類似点を創り上げることです。そのテクニックが「ペーシング」です。

 ペーシングとは、相手の歩調に合わせることです。

 相手「やっぱり冬のスポーツといえばスキーだよね」
 自分「そうですね。スキーは最高ですよね……」

 このように、ペーシングすることによって相手と類似点を増やしていけば良いのです。実際にスキーができなくても構いません。スキーに興味を持っていることを示しても立派なペーシングになります。

逆に、ペーシングせずにお客様の話の腰を折ることを「ディスペーシング」と言います。

 相手「やっぱり冬のスポーツといえばスキーだよね」
 自分「そうですかねー。寒い冬は家で暖かい鍋物が一番だと思うんですけど」

 相手の立場で考えれば、このように言われると面白くないはずです。このようなことは、社内でも社外でも起こりがちなことです。

 また、相手の考えを無視して自分の言いたいことだけを言うのもディスペーシングとなります。いつも自分のペースで仕事をしていても、人間としての幅は広がりません。

まずは、相手を知ることからペーシングは始まります。ペーシングにより人間としての幅が広がります。

 

 

« 2012年10月 9日 (火) | トップページ | 2012年12月 3日 (月) »

ちば会計

無料ブログはココログ