« 「中小企業の会計に関する基本要領」について | トップページ | 法人契約のがん保険の保険料の取り扱いについて »

2012年4月20日 (金)

欠損法人割合72.8%と前年度に続き過去最高

 国税庁は24年3月21日に平成22年度分の法人企業の実態(会社標本調査)を公表しました。

調査対象は、平成22年4月1日から23年3月31日までの間に終了した法人です。

それによると、平成22年度の法人数は258万6,882社(前年度比1.2%減)となり、法人数は昭和26年分の調査開始以来初の減少となっています。

 また、資本金階級別の構成比では、資本金1億円以下のいわゆる中小企業が全体の98.9%を占めています。

 全体の法人数に占める欠損法人の割合は72.8%と、依然として高い値を示しています。

★22年度分会社標本調査結果(国税庁)
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/kaishahyohon2010/kaisya.htm

 

 

 

« 「中小企業の会計に関する基本要領」について | トップページ | 法人契約のがん保険の保険料の取り扱いについて »

中小企業・企業会計」カテゴリの記事

法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/54517959

この記事へのトラックバック一覧です: 欠損法人割合72.8%と前年度に続き過去最高:

« 「中小企業の会計に関する基本要領」について | トップページ | 法人契約のがん保険の保険料の取り扱いについて »

ちば会計

無料ブログはココログ