« 12月は個人事業者の決算月です | トップページ | マイカーでの通勤手当の上限金額が変わります。 »

2011年11月14日 (月)

土地の評価が下がったことによる影響

東日本大震災により、土地の評価が下がったことで、相続税額・贈与税額が下がる場合があります。
※対象となる地域がありますのでご確認ください。

◆対象となる方

<相続税>
(1)平成23年3月11日以後に相続税の申告期限が到来する方で、平成23年3月10日以前に相続等により取得 
(2)平成23年3月11日から平成23年12月31日までの間に相続等により取得

<贈与税>
(3)平成22年1月1日から平成23年3月10日までの間に贈与により土地等を取得
(4)平成23年3月11日から平成23年12月31日までの間に贈与により土地等を取得

◆計算例

 路線価のある1路線に面する土地で、平成23年分の路線価 100,000円、地籍 375㎡、奥行25mの場合

(平成23 年分の路線価) (調整率) (調整率適用後の路線価)
    100,000 円   × 0.90  =    90,000 円

(調整率適用後の路線価) (奥行25mに応ずる奥行価格補正率) (1㎡当たりの価額)
     90,000 円   ×         0.99      =    89,100 円

(1㎡当たりの価額 ) (地積)   (自用地の価額)
     89,100 円 ×  375 ㎡  = 33,412,500 円

                               基礎控除     税率   
 上記の計算により、贈与税を計算した場合 ( 33,412,500 - 1,100,000 ) × 50% = 16,156,250

 調整率がなく贈与税計算した場合     ( 37,125,000 - 1,100,000 ) × 50% = 18,012,500

比較すると 1,856,250円の差額が出ます。

※申告する方の状況や物件等により、計算方法が変わりますので、当事務所までお問い合わせ下さい。

« 12月は個人事業者の決算月です | トップページ | マイカーでの通勤手当の上限金額が変わります。 »

相続・贈与」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/53242986

この記事へのトラックバック一覧です: 土地の評価が下がったことによる影響:

« 12月は個人事業者の決算月です | トップページ | マイカーでの通勤手当の上限金額が変わります。 »

ちば会計

無料ブログはココログ