« 2011年9月 2日 (金) | トップページ | 2011年10月18日 (火) »

2011年9月30日 (金)

2011年9月30日 (金)

所得控除と税額控除の違い

 所得税には「所得控除」と「税額控除」があります。どちらも税金が少なくなるのですが、計算が異なります。

 「所得控除」は、課税所得を計算するにあたって、一定の条件のもと、所得金額(収入-必要経費)から差し引くものです。

配偶者控除、扶養控除、生命保険料控除、雑損控除などがあります。効果としては、収入から差し引く必要経費に似ていますので、所得控除が大きいほど課税所得が少なくなり、税金も少なくなります。

 「税額控除」は、一定の条件のもと、税額(課税所得×税率)から一定の金額を差し引くもので、税額控除の分だけ税金が少なくなります。配当控除や住宅ローン控除などがあります。

                                     「事務所通信 平成23年11月号」

« 2011年9月 2日 (金) | トップページ | 2011年10月18日 (火) »

ちば会計

無料ブログはココログ