ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ◆しおがま事業継続支援金の追加支給(塩釜市) | トップページ | ◆持続化給付金には、申請の時期に合わせて2つのホームページがあります(経済産業省) »

2020年9月15日 (火)

◆国税の滞納残高は21年連続減少 3月末で6.9%減少の7554億円(NEWSWAVE)

≪ちば会計メール通信≫
第582号 2020.9.15

◆国税の滞納残高は21年連続減少 3月末で6.9%減少の7554億円(NEWSWAVE)
http://chiba-kaikei.cocolog-nifty.com/bnews/2020/08/post-437e38.html

◆「紙の通帳」有料化に見る銀行の凋落 フィンテックに駆逐される日は近い?(NEWSWAVE)
http://chiba-kaikei.cocolog-nifty.com/bnews/2020/09/post-4b8d85.html

◆マイナポイントの仕組みとは?申込み手続きや注意点についても解説(The Motley Fool)
https://www.motleyfool.co.jp/archives/11257

◆我が家のへそくり調査 金額1000万円以上も?見つからない隠し場所は?(マネーポストWEB))
https://www.moneypost.jp/704542

◆コロナ時代が追い風…月額オフィス家具のサブスクライフが30億円調達(NEWSWAVE)
https://www.businessinsider.jp/post-220121


◆千葉会計ホームページでは「新型コロナウイルス感染症対策の情報」を掲載しています。
 http://www.chiba-kaikei.co.jp/

 皆さまおはようございます。先週末より一気に気温が低い日が続いておりますが、体調などは崩されておりませんでしょうか。

本日、9月15日は「老人の日」です。一昔前であれば、「敬老の日」であり、そちらの方が馴染みがあるという方も少なくないのではないでしょうか。
この「敬老の日」の発祥は兵庫県多可郡谷村(現在の多可町)で提唱、行われていた敬老行事の「としよりの日」が始まりとされているそうです。
そして、この慣習が1950年からは兵庫県全体で行われようになり、その後全国へと広がったそうです。
その後1964年に「としより」という表現が好ましくないことから「老人の日」に改称されたました。
全国的に広がったこの動きですが、発祥となった多可郡谷村では国に対して「こどもの日や成人の日があるのに
敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続け1965年に国が9月15日を「敬老の日」とする国民の祝日が制定されたそうです。
その後長い間国民の休日とされてきた「敬老の日」ですが、2003年以降は2001年の「祝日法改正」により9月の第3月曜日に日付が変更され現在に至るそうです。

ちなみに現在の「老人の日」と「敬老の日」の違いですが、「敬老の日」が「お祝いの日」であるのに対して老人の日は理解や取組などに対する「啓発の日」といった意味合いがあるそうです。
また、老人福祉法では、老人は65才以上とされているそうです。
皆さまご存じの「永ちゃん」こと矢沢永吉さん、昨日で御年71歳となられたそうです。
「老人」のカテゴリに入ることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか・・・。

 

◆補助金ポータル
https://hojyokin-portal.jp/

« ◆しおがま事業継続支援金の追加支給(塩釜市) | トップページ | ◆持続化給付金には、申請の時期に合わせて2つのホームページがあります(経済産業省) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

メール通信」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

千葉会計」カテゴリの記事

マイナンバー」カテゴリの記事

新型コロナウイルス感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆しおがま事業継続支援金の追加支給(塩釜市) | トップページ | ◆持続化給付金には、申請の時期に合わせて2つのホームページがあります(経済産業省) »