文化・芸術

2020年8月24日 (月)

茅の輪くぐり

おはようございます(^^♪

まだまだ暑い日が続きますね 今月いっぱいは残暑厳しいでしょうか…

先日、神社へお参りに行ってきました⛩

境内に設置された茅で作られた大きな輪がありました…これは何だろう?

看板に設置されていたものを読んでみました

「茅の輪くぐり」無病息災や厄除け、家内安全を祈願と書かれていました

…日本全国の⛩で、6月30日頃行われる「大祓い」「夏越の祓い」という儀式の中でおこなわれるそうです…

茅の輪をくぐることによって、生活の中で知らず知らずのうちについてしまった災いや厄を払い、健康で健やかな生活が送れるようにとの願いが込められています(^^♪

代表的な和歌〽「水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶといふなり」

…暑さの中、ひと時涼むことができました。(^^♪

(M.S)

2020年7月 1日 (水)

仕事の合間の、一息に

仕事柄、当たり前のお話ですが、パソコンを使用します。

 

Windowsを利用されている方であればご存じかと思いますが、

スリープの状態から復帰させるとき、世界の国々の美しい写真や、

愛らしい動物たちの写真が表示されます。

なんとなく流してしまう方も多いとは思いますが、

私はこの写真が秘かに好きで、立ち上げたとき、つい眺めてしまいます。

 

 

出歩くことはあまり好きではないものの、旅行やドライブ自体は割と好きで、

目的を決めず一人、景色を眺めに車を走らせたりします。

泉ヶ岳から見る夜景や、仙台港では海蛍の輝きにも出会うこともありました。

 

 

数年前、用事があり関東方面に車で向かい、帰りは余裕があったので、

高速道路を利用せず新潟方面に回り道をして帰ったことがありました。

その時、名も知れぬ渓谷の崖沿いを走ったとき、一面深い霧に覆われた、

とても幻想的な世界を抜けて走りました。

いつも無計画故、どこをどう走ってきたのか、今は思い出しようもないのですが、

あの景色だけは今でも、はっきりと思い出せるのです。

 

 

遠方への旅行が憚られる昨今、自然のままの原風景を残す景色や、

歴史を重ねた建造物を最高の魅せ方で捉えた写真の数々は、

私にかつて訪れた景色の数々を思い出させながら、

今日も、私を癒す一欠片として、日常に彩を与えてくれます。

 

 

 

KT

 

2020年4月20日 (月)

おはようございます(^^)/

あいにくの雨ですね☔ 桜も散り桜になりそうですね🌸

週末に家での出来事(^^♪

次女か゛台所に立って何かをしていました…待つこと10分…20分( *´艸`)

私…「何してるの?」~~

次女…牛乳を混ぜてるの(^^♪ 

私…??

待つこと1時間後…フライパンには固まりが( *´艸`) 何だろう( ゚Д゚)

チーズ? 餅💦?

次女…これは「蘇」と言って古代の平安時代のチーズなんだよ🍔

ネットに載っていたので作ってみたとのこと(^^♪

私…ふうーん

次女…あとは丸めて冷やすだけだよ😃

夕飯時に冷やした「蘇」を切っていただいてみました

ほのかな牛乳の甘みがありどちらかというとお菓子みたいでした(1時間も立ちっぱなしでご苦労様でした⤴)

…私はどちらかというと、塩気があるチーズがいいなあ(^^♪ お酒も飲めるし🍺

休日の出来事でした(^_-)-☆

                     (M.SHI)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月13日 (金)

干支の置物

 今年の干支は「ねずみ」です。
昨年末のオーナーズセミナー懇親会では、引き出物の中に金箔の「ねずみ」の置物が入っていました。
私たち職員も頂戴し、大切に飾らせてもらっています。

 少し前にお客様のところへ訪問した際、ありがたいことに会社の玄関に飾られた「ねずみ」を発見👀
以前にお配りした「招き猫」も一緒で、嬉しくなり写真を撮らせてもらいました。

H.S

Img_1168_original_0

 

 

2020年2月12日 (水)

和紅茶

立春が過ぎてもまだまだ寒い日が続きますね〰

先日、【和紅茶】のセミナーに参加してきました。

和紅茶とは「日本で育った茶葉を使って作られた紅茶」のことです

地紅茶、国産紅茶、日本紅茶とも呼ばれることもあるそうです😃

和紅茶と海外紅茶の違いは、日本の四季豊かな風土で育った茶葉を使用していることだそうです

①佐賀の「嬉野紅茶」静岡「やぶきた」→緑茶品種で作られた和紅茶→優しい味わい

②大分「さつき紅茶」宮崎「さやか」→台湾ウーロン茶やダージリンに近く、華やかな味わい

等々たくさんのブランドがあります。

…抽出時間 3~10分程度

…温度  95~100度

…茶葉の量 300CCに5g程度

…ほっと一息 お茶の時間はいかがでしょうか🎪👀     

                        (M.SHI)

           

 

 

 

 

2019年10月 3日 (木)

食欲と芸術の秋 🌾

 Image1 Image1-1

 8月 田舎舘村にて・・

いまはもう収穫されたようです・・

「かあちゃ~ん」と聞こえてくるようです・・😢  MS

2019年8月 8日 (木)

コンサートを楽しむ

 8月3日(土)に友人と高橋真梨子コンサートへ行って来ました。

30代の時1度行って依頼2回目のコンサートでした。

会場に入ると私達50代より上の年代の方が多数来ていました。

 

 前半はバラード調の曲で感傷に浸り、後半はアップテンポの曲でコンサートの醍醐味を

味わいました。

特に懐かしい曲 桃色吐息、For You、ごめんね、はがゆい唇、グランパ、五番街のマリーは昔に戻り心に響きました。

 

 高い出費(8,800円)でしたが、心が満たされた一夜でした。

                                                    I.A

2019年5月23日 (木)

コンサート!

今月11日の土曜日、楽しみにしていたSEKAI NO OWARIのライブに行ってきました。
二年ぶりです!

ライブが始まるまで、グッズなどを購入して人間ウオッチング👀
駐車場は県外ナンバーが目立ちます。

このジャンルのバンドですと、若い人ばかりなのでは?と思うかもしれませんが、
ファミリー席もあるので、小さい子供から年配の方まで年齢層は幅広く、
家族で来ている方もたくさんいます。

ライブでは、前列の家族4人で来ていたお父さん。
40、50代でしょうか?
終始ハイテンションで、こっちも盛り上がる事ができました⤴(笑)

そして、毎回ですが、
ライブ終わった後の喪失感 は ・・・💧。

N.A

 

 

 

2019年4月10日 (水)

プリンセスミチコ

おはようございます(^^)/

桜開花しましたがまだまだ寒い日が続きますね

さてさて(^^♪ うれしいお知らせが…(お酒好きには)

一ノ蔵(宮城県)さんで「プリンセスミチコ」という名のお酒が発売されることになりました

この「プリンセスミチコ」というバラは今の皇后陛下が皇太子妃時代に英国から贈られたオレンジ色のバラだそうです

東京農業大学がバラの品種である「プリンセスミチコ」の花から「花酵母」を分離することに成功したそうです

他にも北から七つの蔵元が醸造するそうです

花酵母の特性を活かしたお酒(^^)/どんな味だろう…

平成の終幕を飾るのにふさわしいお酒で乾杯(^^)/といきたいところですね

4月20日の一ノ蔵(宮城県)さんの蔵開きでは「プリスセスミチコ」を限定1000本販売するそうです

是非試飲してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

                        (M.SHI)

 

2017年6月28日 (水)

船岡城址公園のあじさい祭り

 
第4回 しばた紫陽花(あじさい)まつり 行ってきました。
まだ半分くらいしか 咲いていないのではないでしょうか。
やはりというか、期間が→7/2までが 7/9までに延長になったようです。
 
 

Dsc_6857_funaoka_ajisai

 

Dsc_6853_funaoka_ajisai

この時期、いっせいに色鮮やかに咲く様は見事ですね。

第4回 しばた紫陽花まつり

 

スロープカーと柴田町

Dsc_6847_slopecar