グルメ・クッキング

2017年12月 6日 (水)

肝のはなし

巷では忘年会シーズンに入り、お酒を飲む機会も多くなっているのではないでしょうか?

ついついお酒の量が増えるこの時期は、同時に肝臓にも大きな負担をかけてしまいます。そのため酒席を楽しみながらも出来るだけ肝臓をいたわっていくことが大事です。方法の一つとして、肝臓に良い食べ物を食べながら飲むことが有効!!

というわけで、肝臓に良いおつまみをご紹介いたします!

  • 1.枝豆
  •  

    良質なタンパク質を、脂肪を分解するコリンや、無駄な脂肪を燃やすレシチンなどが含まれており、 肝臓を改善、保護の両方に効果を発揮するまさにお酒の友。

  • 2.豆腐
  •  

    枝豆と同じ大豆製品だが、枝豆よりも吸収率が高く、料理のバリエーションも豊富。    

  • 3.納豆
  •  

    大豆そのものよりもタンパク質の消化吸収率が高く、ビタミン類の種類も含有量も豊富です。 さらに、納豆には大豆にはない成分、ビタミンB12やムチンといった肝臓にもよい成分が含まれている。    

  • 4.しじみ
  •  

    肝臓に優れた効果をもつ栄養素タウリンを豊富に含むという特徴がある。 タウリンは、現在は肝臓病などの治療薬として使われているほどその効能が認められている。 

  • 5.カキ
  •  

    肝臓に必要な、各種ビタミンやミネラル、アミノ酸やグリコーゲンなどが豊富に含まれている。 また、肝臓の薬としてもちいられているタウリンなどのアミノ酸が豊富なので、肝臓を強くしたり、解毒作用を強化したりして悪酔いや二日酔いを防止する効果がある。   

  • 6.かぼちゃ
  •  

    ビタミンA(カロチン)が豊富で、ビタミンC、ビタミンEも含まれてる。ビタミンCやEには、過酸化脂質の生成を防いだり、分解したりするので、 肝臓病や動脈硬化に効果を発揮。   

  • 7.キャベツ
  • 良質な植物性タンパク質、ビタミンC、カルシウムなどが多く含まれ栄養価が高い上に、 ビタミンUという硫黄分を含んだアミノ酸を含んでいる。この成分は肝臓でのアルコール分解を助けたり、脂肪肝を防ぐなどの働きをしてくれる。 スープなどにしてビタミンなどを余すことなく摂取するとなお良い。

  • 8.にんにく
  •  

    にんにくには、脂肪と糖質の消化吸収を調節する働きがある。 さらに、にんにくには、アリシンというイオウ化合物が含まれており、肝臓に蓄積された毒素を体外に排出する働きがある。   

  • 9.梅干し
  • 梅干しには、クエン酸などの有機酸が多く含まれるので肝臓のアルコールを解毒するスピードを速める働きがあります。 梅干しの効果は飲むや飲みながら食べると、悪酔い防止になり、飲酒後に食べると二日酔いの防止につながります。   
  • 以上、9品目をご紹介いたしました。なかなか頼りがいのあるメンバーですね!

    これらの食品を食べながら飲むだけでも、体に対しての影響は大きく変わります。

    この年末はいつも以上に肝臓をいたわりながら忘年会を楽しみましょう!!

    Photo_3

    2015年11月 5日 (木)

    食欲の秋

     先日の火曜日は祝日ということもあり、山形に行ってきました。

     秋も深まり、紅葉がとてもきれいでしたmaple

     蕎麦も堪能してきましたdelicious

     先月から衣替えでネクタイを着用していますが、食欲の秋の影響か首回りが非常に苦しいですbearing

     運動の秋も忘れずにいたい今日この頃ですconfident

    2015年10月23日 (金)

    秋といえば・・・秋の○○

    秋といえば・・・いろいろ思い浮かびますhappy01

    秋といえば・・・食欲の秋!
    さんま、まつたけ、ぎんなん・・・食材がいろいろ思い浮かびますねheart04
    お店に行くと秋の食材がたくさん並んでいます。その食材を見ながらスマホを見る。
    クックパッドにアクセスして、今日の夕飯は・・・と考えます。
    結構楽しいですよshine

    次の秋といえば・・・読書の秋!
    昔読んだ小説を思い浮かべながら、アマゾンで検索しそのまま本屋へheart02
    最近は昔読んだ懐かしの小説の表紙が様々変化していて驚きました。
    もちろん中身は変わっていませんが、表紙を楽しむのもいいものですよpencil

    最後に秋といえば・・・行楽の秋!
    やはり、秋といえば紅葉ですねhappy02
    もみじの赤色をみると秋だなぁ~と思います。
    たまには公園へ行って読書するのもいいかもしれません・・・もちろん寒さ対策万全にnote

    S.N

    2015年2月 9日 (月)

    もち

    お正月から早くも1か月以上が経過しましたが、うちの冷凍庫にはまだあの”白くて四角い物体”が解凍を今か今かと待ちわびている状態です。

    そんな”四角い白い物体”の食べ方は一般的なものから、家庭のオリジナルまで多岐にわたると思います。

    そんな中、今年は、カレーとマーボーを試してみました。もとは米からできていますから、相性が悪いわけはなく、まぁまぁ、おいしく食べれました。

    まだ処理に困っている方がいましたら、いろんな食べ方に挑戦してみてください♪

    きっと新しい世界が切り拓けるはずです( ´艸`)プププ

    Y.O

    2014年9月 4日 (木)

    おすすめのコーヒー第二弾!

    おはようございますhappy01shine

    朝はやっぱり「シャッキーン」としたいですよね。そんな感情をそのまま名前にしたコーヒーがついこの間発売されましたheart04CMもなかなか面白かったので思わず購入・・・するとなんと昔懐かしい「キン肉マンのキンケシ」がもれなくついてきましたhappy02

    このコーヒーのコンセプトは「朝から働く男たちのココロとカラダを、力強く応援するコーヒー」のようですが、「朝から働く女たちのココロとカラダを、力強く応援するコーヒー」でもあると思いますbleah

    もし機会があったら飲んでみて下さい。私的には「キン肉マン」がかなり懐かしかったですsmile

    N.S

    2014年4月28日 (月)

    ブタメン&ウルトラメン

     今朝こどもに教えてもらった話です。

    カップラーメンのおやつ版で、「ブタメン」といったものやら「ウルトラメン」といったものがあります。

    チキンラーメンの小さいカップラですね。(たぶんそういう味だと思います。)

    「ブタメン」は通常通り、お湯を入れて3分でできるそうです。

    が!

    なんと「ウルトラメン」は、ウルトラマンも食べられるように90秒でできあがるらしいです。

     

    J.S

    2014年4月24日 (木)

    おすすめのお菓子

    本日、私がおすすめするのはお菓子ですlovely

    はじめてそのお菓子を口にしてから早…なん年??忘れましたsweat02
    とにかくそのお菓子は私の胃袋をわし掴みにし、メロメロにしたのです。
    午前中にはほとんど売り切れてしまうそのお菓子を求めお店はいつも人がいっぱいheart04

    さて、そのお菓子とはshineドドドドドドド・・・「マカロン」で~すsign03

    ・・・・・・・・・知ってましたかweepデスヨネー有名デスヨネー・・・・・・・・・・・

    スミマセンsweat01とりあえず食べてみて下さい。
    ちなみに、多賀城の「カズノリムラタ」や塩竈の「りんごの木」がおすすめですheart02

    S.N

    2014年2月28日 (金)

    ビアタンブラー

     みなさん確定申告お疲れ様です。

    ということで今回は、ほっと一息のためのビールのお話です。

    先日ビールをもらったところ、なんとグラスがついていました。いわゆるタンブラーだそうです。

    タンブラーというと持ち運びする水筒のようなコップも意味するようですが、ネットで検索してみたらビールを飲む背の高いグラスもタンブラーというそうです。

    ちょっと曲線がかって、背も高くちょっと重みもある、まぁ使ってみるかとためしてみました。

    日頃そういった小道具はめんどうなので使わないのですが、ビールを注いでみるとなんとお店ででてくるのとまったく同じ雰囲気じゃないですかぁ~~~~!!!。

    ということで、も一杯飲んでしまいました。

    もう少しすると飽きるとおもうんですが…

    一度お試しあれ。

     

    J.S

    2014年1月10日 (金)

    ごはんがうまい”かかし亭” (JR東北本線:塩釜駅前)

     ご存じご近所の飲食店です。ear

    ここしばらくは行ってませんが、私のおすすめeyeはなんといっても ”ごはん”。riceball

    ごはんのおかずにごはんriceballが食べられるといった感じでしょうか。

    J.S

    2013年7月 9日 (火)

    珈琲店タレーランの事件簿 宝島社文庫:出版社 岡崎琢磨:著者 ¥680

    私のコンビニ発見書籍の一つをご紹介します。

    基本的に本は本屋さんで購入しますが、たまにコンビニでも購入します。そしてたまに題名に惹かれて買ってしまう事があって、今回ご紹介する本もその一つです。

    私はコーヒーが大好きです。甘いのも、苦いのも好きです。でもそれほど「コーヒー」に詳しいわけではありません。この本の主人公?!大学生男子はとてもコーヒーに詳しくて、舞台ももちろん「純喫茶」となっています。

    私はなかなか一人で喫茶店に入ってコーヒーを飲む事はありません。まず一人になる事が少ないです。ですから、この小説を読んでいると喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲む気分があじわえるような気がします。

    それでいて身近なミステリーを味わえるので一石二鳥な本でした。是非ご賞味下さい。

    S・N