« がんばれー!!! | トップページ | ラストスパート! »

2017年8月29日 (火)

たま駅長は偉大だった。

 和歌山電鉄のたま駅長に会いに行ってきました。
有名な猫の駅長です。
 
が、残念ながら数年前になくなっていました。16歳(ヒトの年齢だと80歳くらい)だったそうです。
 
今は2代目駅長の”にたま”が駅長をやっています。
ガラス越しの場所で寝ていますが、居心地がよいのかひとが寄っても微動だにせずゆったりとしています。
 
カメラを向けるとパッと目を開けこちらを見ています。
さすが人慣れしているのか、こちらが逆に圧倒されるような感じもします。

Nitama_2

先代の”たま”から和歌山電鉄貴志川線という路線の貴志(きし)駅にいますが、もともとは南海電鉄の経営で赤字路線となり、その後経営が変わって和歌山電鉄となったそうです。
 
ほとんどの駅は無人駅で有人は3駅ほど、貴志駅は終点です。さほど大きくはなく平屋の家くらい、初めての人は駅と気づかないかもしれません。
 
現在の貴志駅は、外観こそもとのままかもしれませんが、中はきれいに整備されお土産の売店や軽食を食べられる喫茶店のような設備もあります。
 
また、”たま”や”にたま”を目的にくる観光客も増加したせいか、JR九州の”ななつぼし”をデザインした水戸岡鋭治(みとおかえいじ)氏のデザインした車両も導入されました。
 
ちなみに私は、「うめ星電車」に乗りました。紀州(和歌山)の梅をイメージしたそうです。他に「いちご電車」などもあります。
 
日本人だけではなく、台湾からの観光客もいたようです。
 
ここまでこの路線を復活させた駅長”たま”の功績を称えるかのように、駅の隣にはたまを祭る”たま神社”があります。
 
たま駅長は偉大でした。
 

Tama

 

taurus

« がんばれー!!! | トップページ | ラストスパート! »

こども・親・家族」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/65725761

この記事へのトラックバック一覧です: たま駅長は偉大だった。:

« がんばれー!!! | トップページ | ラストスパート! »