« グッドラック アレックス・ロビラ:著 田内志文:訳 ㈱ポプラ社:発行 \952 | トップページ | 死神の精度 伊坂幸太郎:著者 文春文庫 :出版社 ¥570 »

2013年9月17日 (火)

海賊とよばれた男 百田 秀樹:著者 講談社:出版社 ¥1,680

何か長編ものが読みたいと思って手に取った本です。

今のこんな時代だからこそ、日本、そして世界に胸をはって紹介したい。

国内外で畏れられた「海賊」の正体、それは国を思い、日本人としての誇りを決して失わな

かった一人のサムライでした。『永遠の0』で世の人々を魅了した百田 秀樹が、実在した人

物をドラマティックに描いたノンフィクションノベルの傑作です。

                               (M.shi)

« グッドラック アレックス・ロビラ:著 田内志文:訳 ㈱ポプラ社:発行 \952 | トップページ | 死神の精度 伊坂幸太郎:著者 文春文庫 :出版社 ¥570 »

コメント

思わずネットで検索しました。

そういえば以前聞いたことがあったような…
テレビで取り上げましたっけ。!?

強国の政策で石油を輸出できない。
ならばと立ち上がった一人の男がタンカーを派遣する。

危険を顧みない行動は、人としての信念が動かすのか、経験からの判断なのか。

白洲次郎が一時期はやりましたが、同じようにとりあげてほしいですね~(lll゚Д゚)

海賊と聞くと外人を思い浮かべますが、日本人にもいたんですねΣ(・ω・ノ)ノ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« グッドラック アレックス・ロビラ:著 田内志文:訳 ㈱ポプラ社:発行 \952 | トップページ | 死神の精度 伊坂幸太郎:著者 文春文庫 :出版社 ¥570 »