ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年8月29日 (木) | トップページ | 2013年9月17日 (火) »

2013年9月 5日 (木)

2013年9月 5日 (木)

グッドラック アレックス・ロビラ:著 田内志文:訳 ㈱ポプラ社:発行 \952

 アマゾンでとある本を検索していたら、“この本を購入した人はこっちの本も買っています。”と出てきたのがこの本でした。

いつもながらついつい気になってクリックしてしまいました。

この関連する商品を「ついで買い」させるというのはうまいやり方ですね。100円ショップも同じでしょうか、関連はしないけれども入ったついでについ買ってしまう。

 さて、いわゆる自己啓発本かと思います。

 54年ぶりに幼なじみのマックスに出会ったジムが、仕事も財産もすべてを失い変わり果てた友人に、祖父から聞かされた「魅惑の森」の物語をかたります。

「魅惑の森」の物語とは、シドとノットという二人の騎士が幸運をもたらすという魔法のクローバーを探して旅に出るという話です。

結果のみをすぐ求めるノットに対して、やれるだけの準備をやり結果を待つシドと対象的な二人の旅が、童話の金の斧銀の斧、うさぎとかめ、ありときりぎりす等を思い起こさせます。

 「運命の下ごしらえは、自分にしかできない。」という言葉が印象に残りました。

 

J.S

 

 

« 2013年8月29日 (木) | トップページ | 2013年9月17日 (火) »