ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年7月 4日 (木) | トップページ | 2013年7月22日 (月) »

2013年7月 9日 (火)

2013年7月 9日 (火)

ゴールデンスランバー 新潮社:出版社 伊坂幸太郎:著者 ¥945円

 またまた伊坂幸太郎氏の作品を紹介させていただきます。

 この小説も仙台が舞台となっており、仙台出身の方には身近に感じられることでしょう。ストーリーに関しては冒頭で総理大臣が爆殺されるなど、身近に起きることはまずないであろうという内容ですが・・・

 内容は総理大臣の爆殺の犯人に仕立てられた主人公の逃避行を描いたものなのですが、ハラハラドキドキの展開が待っています。

 映画化もされている作品でして、そちらはまだ見ていないのですが、いずれ機会があれば見てみたい映画のひとつですね!

 興味がある方は是非ともご覧ください( ̄ー ̄)ニヤリ

YU.O

珈琲店タレーランの事件簿 宝島社文庫:出版社 岡崎琢磨:著者 ¥680

私のコンビニ発見書籍の一つをご紹介します。

基本的に本は本屋さんで購入しますが、たまにコンビニでも購入します。そしてたまに題名に惹かれて買ってしまう事があって、今回ご紹介する本もその一つです。

私はコーヒーが大好きです。甘いのも、苦いのも好きです。でもそれほど「コーヒー」に詳しいわけではありません。この本の主人公?!大学生男子はとてもコーヒーに詳しくて、舞台ももちろん「純喫茶」となっています。

私はなかなか一人で喫茶店に入ってコーヒーを飲む事はありません。まず一人になる事が少ないです。ですから、この小説を読んでいると喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲む気分があじわえるような気がします。

それでいて身近なミステリーを味わえるので一石二鳥な本でした。是非ご賞味下さい。

S・N

« 2013年7月 4日 (木) | トップページ | 2013年7月22日 (月) »