ちば会計

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年9月 6日 (火) | トップページ | 2011年10月 3日 (月) »

2011年9月12日 (月)

2011年9月12日 (月)

「本物の営業マン」の話をしよう 佐々木常夫 PHPビジネス新書

著者:佐々木常夫 PHPビジネス新書 \800+消費税

 著者は秋田県出身の人。同じ東北ということで若干ですが読む前から親近感が持てました。顔写真を見ると以前テレビで見かけたような気がします。

この本は、コンビニで手に取りました。新聞の書評で読み、近いうちに読みたいなと思っているうちに忘れてしまい、忘れたころに見つけたというわけです。余談ですが、コンビニは店にもよりますが結構気になるビジネス書をおいていますね。

タイトルはちょっと重そうだけど、書評から「何か参考になればなぁ~」などと例によって軽い気持ちで読み始めました。

 営業とはたんに物やサービスを売る仕事ではなく、顧客や市場からニーズを探り、需要のある商品を会社に作らせ、それを提供し利益を上げる。その結果としてお客様を幸せにすることこそが「本物の営業」であるとあります。

また人柄だけではダメだが、スキルばかりでもない。

序章にあるように、営業とは特別に変わったことをするのではなく、行き着くところ「人として当たり前のことをすること」「お客様を大切にすること」。
最終的には、営業だからというわけではなく人としてどうあるべきかということのような気がします。

J.S

« 2011年9月 6日 (火) | トップページ | 2011年10月 3日 (月) »