ちば会計

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 『借りる技術返す技術』 | トップページ | 「1分間の日記で夢は必ずかなう!」 今村暁著(フォレスト出版)¥1,365 »

2011年1月13日 (木)

『経営の大局をつかむ会計~健全な“ドンブリ勘定”のすすめ』

『経営の大局をつかむ会計~健全な“ドンブリ勘定”のすすめ』 山根 節 著(光文社新書)¥735

 世の中に数多くの会計の本が出版されています。

それらの会計の本は「ビジネスを知らない会計の専門家が書いた本」と「経営者が書いた本」の2種類に大別されます。

この本は、この2種類の溝を埋める会計のエッセンスがギュっと濃縮された一冊です。

 著者は「経営を包括的かつ統一的にとらえることができる唯一のツール」が会計だと言っています。そして、財務諸表を読むことによって企業をトータルにとらえ、問題の全体像を把握することができるということ、そのためには「健全なドンブリ勘定」が大切と言っています。

「健全なドンブリ勘定」をするには、財務諸表をアバウトに読むことがポイントになるのですが、その際に有用な「金額比例縮尺によるパターン認識」の方法を具体例を挙げて詳しく説明しています。

 会計とはビジネスの世界に散乱している情報を財務諸表というツールを用いて並べ替え、事業の全体像を描き出し、経営計画という形で整合性や合理性をチェックする道具であるということを教えてくれる一冊です。
                                                                       (TK)

« 『借りる技術返す技術』 | トップページ | 「1分間の日記で夢は必ずかなう!」 今村暁著(フォレスト出版)¥1,365 »

経営・会計・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『経営の大局をつかむ会計~健全な“ドンブリ勘定”のすすめ』:

« 『借りる技術返す技術』 | トップページ | 「1分間の日記で夢は必ずかなう!」 今村暁著(フォレスト出版)¥1,365 »