ちば会計

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「再生支援の総合的対策」の策定 コロナ資金繰り支援6月末に延長 | トップページ | 全国の雇用型テレワーカー24.8% ハイブリッドワークが拡大傾向に »

2024年4月12日 (金)

2024年の公示地価は3年連続上昇 三大都市圏・地方圏とも上昇継続

 国土交通省が26日に公表した2024年1月1日時点の地価公示によると、商業・工業・住宅の全国全用途平均で2.3%のプラス(前年1.6%)と3年連続で上昇した。

上昇率はバブル期以来33年ぶりの高さ。

住宅地は2.0%(同1.4%)、商業地は3.1%(同1.8%)とともに3年連続で上昇。

三大都市圏・地方圏ともに上昇が継続するとともに、三大都市圏では上昇率が拡大し、地方圏でも上昇率が拡大傾向となるなど、上昇基調を強めている。

 国交省では、住宅地について、(1)都市中心部や、利便性・住環境に優れた地域などでは住宅需要は堅調であり、地価上昇が継続している、(2)三大都市圏や地方四市の中心部における地価上昇に伴い、周辺部においても上昇の範囲が拡大しており、特に地方四市の周辺の市等では、高い上昇となった地点が見られる、(3)鉄道新路線等の開業による交通利便性の向上などを受け、上昇率が拡大した地点が見られる、などの特徴を示している。

 商業地については、(1)都市部を中心に、人流回復を受けて店舗需要の回復傾向が続いたほか、オフィス需要も底堅く推移したことなどから、地価の回復傾向が進んでいる、(2)再開発事業等が進展している地域では、利便性や賑わいの向上への期待感などから、地価上昇が継続している、としている。

 なお、全国の最高額は18年連続で東京都中央区銀座4の「山野楽器銀座本店」で、1平方メートル当たり5570万円、前年比3.5%上昇した。

« 「再生支援の総合的対策」の策定 コロナ資金繰り支援6月末に延長 | トップページ | 全国の雇用型テレワーカー24.8% ハイブリッドワークが拡大傾向に »

地域・伝統」カテゴリの記事

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「再生支援の総合的対策」の策定 コロナ資金繰り支援6月末に延長 | トップページ | 全国の雇用型テレワーカー24.8% ハイブリッドワークが拡大傾向に »