ちば会計

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 小企業の雇用に関する調査結果 従業員過不足DIは3年連続上昇 | トップページ | 2023年民間主要企業の年末一時金 妥結額は84万9545円、0.78%増 »

2024年2月 1日 (木)

交際費非課税の飲食費上限見直し 5000円を「1万円以下」に引上げ

 2024年度税制改正においては、地方活性化の中心的役割を担う中小企業の経済活動の活性化や、「安いニッポン」の指摘に象徴される飲食料費に係るデフレマインドを払拭する観点から、交際費課税の見直しが行われる。

 具体的には、損金不算入となる交際費等の範囲から除外される一定の飲食費に係る金額基準について、会議費の実態を踏まえ、現行の1人当たり5000円以下から「1万円以下」に引き上げられる。

また、接待飲食費に係る損金算入の特例及び中小法人に係る損金算入の特例の適用期限が3年延長される。

 現行の接待飲食費は、社内飲食費を除いた交際費に含まれる「飲食費」について、定められた項目を記載した帳簿上の飲食費(「接待飲食費」と仕訳したもの)であれば、その額の50%を損金に算入できこととされている特例がある。

この特例は、中小企業だけでなく大企業にも適用される。

 中小企業の場合は、上記の(1)交際費等の額のうち、飲食その他これに類する行為のために要する費用の50パーセントに相当する金額を超える部分の金額と、(2)損金不算入額として、交際費等の額のうち、800万円にその事業年度の月数を乗じ、これを12で除して計算した金額(「定額控除限度額」)に達するまでの金額を超える部分の金額、の(1)か(2)のいずれかの金額が損金不算入額となる選択適用が認められている。

« 小企業の雇用に関する調査結果 従業員過不足DIは3年連続上昇 | トップページ | 2023年民間主要企業の年末一時金 妥結額は84万9545円、0.78%増 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

その他税制」カテゴリの記事

働き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小企業の雇用に関する調査結果 従業員過不足DIは3年連続上昇 | トップページ | 2023年民間主要企業の年末一時金 妥結額は84万9545円、0.78%増 »