ちば会計

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 国税庁定員、1191人の増員要求 8年連続となる差引純増は51人 | トップページ | 2023年基準地価、2年連続上昇 地方圏の住宅地31年ぶりに上昇 »

2023年10月 2日 (月)

2022年の出生数7年連続の減少 77万759人で調査開始以来最少

 厚生労働省がこのほど公表した2022年人口動態統計(確定数)によると、出生数は、77万759 人で、前年の81万1622人より4万863人減少し、7年連続減少となり、1899年(明治32年)の人口動態調査開始以来最少となった。

 出生数は1899年の人口動態調査開始以来最少となったが、出生率(人口千対)は6.3で前年の6.6より低下し、合計特殊出生率は1.26で前年の1.30より低下し、過去最低となった。

 死亡数は156万9050人で、前年の143万9856人より12万9194人増加し、調査開始以来最多となった。

死亡率(人口千対)は12.9で前年の11.7より上昇した。

死因別にみると、「悪性新生物<腫瘍>」の死亡数は38万5797人(死亡総数に占める割合は24.6%)、死亡率(人口10万対)は316.1であり、前年と同様死因順位の第1位となった。

なお、第2位は「心疾患」(同14.8%、190.9)、第3位は「老衰」(同11.4%、147.1)となった。

出生数と死亡数の差である自然増減数は▲79万8291人で、前年の▲62万8234人より17 万57人減少し、過去最大の減少となった。

 そのほか、婚姻件数は50万4930組で、前年の50万1138組より3792組増加し、婚姻率(人口千対)は4.1で前年と同率となった。

離婚件数は17万9099組で、前年の18万4384組より5285 組減少し、離婚率(人口千対)は1.47で前年の1.50より低下した。

 



« 国税庁定員、1191人の増員要求 8年連続となる差引純増は51人 | トップページ | 2023年基準地価、2年連続上昇 地方圏の住宅地31年ぶりに上昇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

地域・伝統」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国税庁定員、1191人の増員要求 8年連続となる差引純増は51人 | トップページ | 2023年基準地価、2年連続上昇 地方圏の住宅地31年ぶりに上昇 »