ちば会計

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 22年度査察、着手件数は145件 告発件数103件で告発率74.1% | トップページ | 再調査の請求・審査請求・訴訟 納税者救済・勝訴割合は減少 »

2023年7月20日 (木)

22年の社長の平均年齢は60.4歳 32年連続の上昇で過去最高を更新

 帝国データバンクが発表した「全国社長の年齢分析調査」結果によると、2022年時点の社長の平均年齢は60.4歳となった。

前年を0.1歳上回り、32年連続の上昇となって過去最高を更新した。

 また、社長が交代した割合は3.82%で、前年から0.1ポイント低下しており、2010年以降は3%台後半で推移している。

社長が引退する平均年齢は68.8歳となり、70歳が目前の段階で交代している結果になった。

 2022年時点における社長の年代別構成比をみると、「50歳以上」が全体の8割(80.2%)を占めている。

2017年時点と比較すると、3.0ポイント上昇している。

そのうち70代以上は25.2%となり、社長の4人に1人は70歳以上の高齢者で占められていることが分かった。

うち80歳以上は5.0%に及び、2017年から1.2ポイント上昇した。

他方、40歳未満は3.3%にとどまり、2017年から0.9ポイント減少した。

 社長平均年齢を都道府県別でみると、「秋田県」が62.4歳(2021年比+0.1歳)で最も高かった。

1990年比では+8.6歳となり、上昇幅も全国で最も大きい県となった。次いで「岩手県」(62.3歳、同+0.2歳)と「青森県」(62.1歳、同+0.2歳)が続いた。

東北地方は6県すべてで 60歳を上回り、上位3県を独占した。

他方、平均年齢が最も低かったのは「三重県」(59.1歳、同+0.1歳)で、2017年から6年連続となった。

« 22年度査察、着手件数は145件 告発件数103件で告発率74.1% | トップページ | 再調査の請求・審査請求・訴訟 納税者救済・勝訴割合は減少 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

地域・伝統」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

働き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 22年度査察、着手件数は145件 告発件数103件で告発率74.1% | トップページ | 再調査の請求・審査請求・訴訟 納税者救済・勝訴割合は減少 »