ちば会計

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« インボイス登録要否相談会開催 免税事業者対象に事前予約制で | トップページ | 3月末時点の国の借金過去最大 普通国債の増加が全体を押上げ »

2023年6月 5日 (月)

サービス業中心に人手不足深刻化 2030年時点で700万人不足と予測

 みずほリサーチ&テクロノジーズが発表したリポートによると、いわゆる「労働集約型」の業種を中心に人手不足が深刻化しているようだ。

日銀短観の雇用人員判断DI(2023年3月調査)は▲32%ポイントで、この10年間で最も人手不足が深刻だったコロナ前の2018~19年水準に肉迫。

正社員では医療・福祉、建設、運輸・郵便等、パートタイムでは宿泊・飲食サービス、生活関連サービス・娯楽を中心に人手不足が顕著に見られる。

 今後、生産年齢人口の増加が見込めないどころか、減少ペースはさらに加速し続けることから、企業の人手不足感が一層強まることは避けられない。

わが国の総人口は2010年にピークアウトを迎えたが、国立社会保障・人口問題研究

所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」によれば、2065年には9000万人を下回り、高齢化率(65歳以上人口比率)は38%にまで上昇する見通しだ。

 また、総人口の減少によって生産年齢人口(15~64歳)の減少ペースも今後は加速し、2025年から2040年までの15年間でおよそ240万人が減少する予測だ。

人手不足は今後深刻さを増し、2030年には約700万人に上ると予測されている。

これまで就業者数の維持に寄与してきた女性や高齢者の就業増も2020年代後半には頭打ちになるため、今後の人手不足解消には外国人労働者が“頼みの綱”となるだろう。

みずほリサーチ&テクノロジーズのリポートでは、2030年までに約106万人の外国人労働者の増加を予測している。



« インボイス登録要否相談会開催 免税事業者対象に事前予約制で | トップページ | 3月末時点の国の借金過去最大 普通国債の増加が全体を押上げ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

働き方」カテゴリの記事

事業承継」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インボイス登録要否相談会開催 免税事業者対象に事前予約制で | トップページ | 3月末時点の国の借金過去最大 普通国債の増加が全体を押上げ »