ちば会計

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 会社員の副業収入の税金に注意!年間20万円超は確定申告が必要 | トップページ | 国民負担率は46.5%となる見通し 租税負担率27.8%、2年ぶり低下 »

2022年3月21日 (月)

コロナで企業の「脱首都圏」急増 首都圏から移転、過去最多351社

 帝国データバンクが発表した「首都圏・本社移転動向調査」結果によると、2021年に本社移転を行った企業は、全国で2258社にのぼった。

前年(2020年)から1割超の増加となり、1990年以降で2001年(2299社)に次ぐ過去5番目の多さとなった。

コロナ禍で県境をまたぐ移動の自粛を余儀なくされたことで、2020年中の移転計画などが中止・延期となった企業は多く、その反動として大幅に増えたものとみられる。

 このうち、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)から地方へ、本社または本社機能を移転した企業は351社判明、前年から2割超の大幅増加となった。

転出企業が300社を超えるのは2002年以来19年ぶりで、これまで最多だった1994年の328社を大幅に上回り、過去最多を更新した。

 一方、地方から首都圏へ本社を移転した企業は328社。前年から約1割増加し、2015年の335社に次ぐ2番目の多さだった。

 この結果、2021 年における首都圏の本社移転動向は、転出社数が転入を23社上回る「転出超過」となった。

首都圏で転出超過となるのは2010年以来11年ぶり。

地方の成長企業などを中心に、首都圏に本社を移す動きは前年より強まったものの、昨年11月時点で首都圏外への本社移転企業が300社を突破するなど、過去に例を見ないハイペースで企業の首都圏外への移転=脱首都圏の動きが進み、結果として転出超過に転じた。

« 会社員の副業収入の税金に注意!年間20万円超は確定申告が必要 | トップページ | 国民負担率は46.5%となる見通し 租税負担率27.8%、2年ぶり低下 »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社員の副業収入の税金に注意!年間20万円超は確定申告が必要 | トップページ | 国民負担率は46.5%となる見通し 租税負担率27.8%、2年ぶり低下 »