ちば会計

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年の新規上場社数は125社 14年ぶりに100社を上回る! | トップページ | 株の配当所得 大口株主の判定基準が改正「同族会社と合計で3%以上」なら総合課税に »

2022年2月 8日 (火)

電子帳簿保存、2年間の猶予措置 2023年末まで書面保存も認める

 本年1月から改正電子帳簿保存法が施行され、同月以降は検索要件等の保存要件を満たした上で電子取引の取引情報に係る電子データによる保存が義務付けられたが、2022年度税制改正では、その保存義務を2年間猶予する宥恕措置が設けられる。

2年間はこれまで通り書面での保存も認められる。

具体的には、電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存制度について、2022年1月1日から2023年12月31日までの間に申告所得税及び法人税に係る保存義務者が行う電子取引について、保存要件に従って保存ができなかったやむを得ない事情があると認められるなどの場合には、その保存要件にかかわらず、電子データの保存が可能になり、その電子データの保存に代えて電子データの出力で作成した書面による保存も認められる。

書面での保存が認められる要件には、「やむを得ない事情」に加えて、保存義務者が税務調査等の際に、質問検査権に基づく税務職員からの求めに応じ、その電子データを整然とした形式及び明瞭な状態で出力した書面の提示又は提出をすることができる場合がある。

「やむを得ない事情」については、その時点までに要件に従って電子データの保存を行うための準備を整えることが困難な事情等が該当するとされている。

また、出力書面等の保存に当たり、電子データの保存要件への対応が困難な事業者の実情に配意し、事前に税務署への申請等は必要ないとされる。

« 2021年の新規上場社数は125社 14年ぶりに100社を上回る! | トップページ | 株の配当所得 大口株主の判定基準が改正「同族会社と合計で3%以上」なら総合課税に »

企業」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

電子化・スキャナ保存・電子帳簿」カテゴリの記事

その他税制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年の新規上場社数は125社 14年ぶりに100社を上回る! | トップページ | 株の配当所得 大口株主の判定基準が改正「同族会社と合計で3%以上」なら総合課税に »