ちば会計

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 多方面で普及が進むドローン技術 データ連携+自動飛行で革新的な利用法も | トップページ | 中企庁が2021年版中小企業白書を公表 コロナ禍の企業への影響を細かく分析 »

2021年4月24日 (土)

親の借地に子供が家を建てたとき 無償使用は「借地権の使用貸借」

 土地を借りる場合に、一般的に権利金などが授受される地域において、借地人から土地を又借りして家を建てるときには、又借りをする人は借地人に権利金や地代を支払うのが通例である。

 

ただし、親の借地に子供が家を建てたときに親に権利金や地代を支払うことは通常ない。

 

 このように、親の借地権を子供が権利金や地代を支払うことなく無償で使用した場合には、「借地権の使用貸借」となる。

 

 しかし、借地権の使用貸借による借地を使用する権利の価額はゼロとして取り扱われているので、子供に贈与税が課税されることはない。

 

この場合、「借地権の使用貸借に関する確認書」を使用貸借で借り受けている者の住所地の所轄税務署長にすみやかに提出する必要がある。

 

この確認書は、借地権を使用する子供と借地人である親と地主の3人が、その借地権を使用貸借で又借りしていることを連名で確認するものだ。

 

 親の借地権を子供が無償で使用した場合には、借地権の使用貸借となるが、借地権の貸借が使用貸借に当たらない場合には、実態に応じ借地権又は転借権の贈与として贈与税がかかる場合がある。

 

また、この使用貸借されている借地権は、将来親から子供が相続する時に相続税の対象となる。

 

相続税の計算のときのこの借地権の価額は、他の人に賃貸している借地権の評価額ではなく、自分で使っている借地権の評価額となる。

 

 

 

« 多方面で普及が進むドローン技術 データ連携+自動飛行で革新的な利用法も | トップページ | 中企庁が2021年版中小企業白書を公表 コロナ禍の企業への影響を細かく分析 »

相続・贈与・住宅・小規模宅地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多方面で普及が進むドローン技術 データ連携+自動飛行で革新的な利用法も | トップページ | 中企庁が2021年版中小企業白書を公表 コロナ禍の企業への影響を細かく分析 »