ちば会計

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 個人投資家の運用資産が大幅減少見込み さらなる資金引上げにつながりそうな変化 | トップページ | withコロナのマーケに欠かせないウェビナー コスト面以外にも期待できるメリットとは »

2020年6月 4日 (木)

納税証明書の取得での来署が増加 オンライン請求の取得を呼びかけ

 新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている事業者への対応に、新型コロナウイルス感染症特別貸付など各種の事業資金の融資が実施されおり、融資の申込み等に必要な納税証明書の取得のために来署する納税者が増えている。

 

そこで、発行までに時間がかかることがあることから、国税庁は、オンライン請求による納税証明書の取得を呼びかけている。納税証明書の請求は、来署しなくても、インターネットや郵送で行うことができる。

 

 納税証明書の請求方法には、現在の住所地(納税地)を所轄する税務署に、オンラインで交付請求する方法、納税証明書交付請求書(書面)で交付請求する方法(郵送での請求も可能)の2つがある。

 

税務署窓口で納税証明書を受け取る場合、電子証明書やICカードリーダライタがなくても、必要事項を入力するだけでオンラインでの交付請求ができるので、納税証明書を請求する際には、オンラインでの請求が便利だ。

 

 納税証明書をオンラインで交付請求を利用すると、発行手数料が安価(400円→370円)であるほか、指定された日に税務署窓口で証明書を受け取ることができ、窓口で書面により請求する場合と比べ、短い時間で受け取ることができ、待ち時間が短縮できる。

 

ただし、オンラインでの交付請求をした当日に受け取りを希望する場合には、多少時間がかかることがあるので、翌日以降の日を指定したほうが確実だろう。

 

 

 

« 個人投資家の運用資産が大幅減少見込み さらなる資金引上げにつながりそうな変化 | トップページ | withコロナのマーケに欠かせないウェビナー コスト面以外にも期待できるメリットとは »

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個人投資家の運用資産が大幅減少見込み さらなる資金引上げにつながりそうな変化 | トップページ | withコロナのマーケに欠かせないウェビナー コスト面以外にも期待できるメリットとは »