ちば会計

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 台風第19号の被害者への救済策 申告・申請・納付等の期限を延長 | トップページ | 部下のパフォーマンス向上、離職意向も事前察知! 「1on1ミーティング」の適切な運用とは? »

2019年11月25日 (月)

法人税申告漏れ大幅増の1.4兆円 バー・クラブ17年連続ワースト1

 国税庁が公表した今年6月までの1年間(2018事務年度)における法人税等の調査事績によると、大口・悪質な不正計算が想定されるなど調査必要度の高い9万9千法人(前年度比1.3%増)を実地調査した結果、うち約75%に当たる7万4千件(同1.8%増)から総額1兆3813億円(同38.2%増)と大幅増加の申告漏れを見つけた。

 

追徴税額は1943億円(同▲0.2%)。調査1件当たりの申告漏れ所得は1397万円(同36.4%増)となる。

 

 調査した21.1%(不正発見割合)に当たる2万1千件(前年度比1.4%増)が故意に所得を仮装・隠ぺいするなどの不正を行っており、その不正脱漏所得は前年度比▲0.1%の2887億円で3年ぶりの減少。1件当たりでは同▲1.5%の1386万円となった。

 

 不正を業種別にみると、不正発見割合の高い10業種では、「バー・クラブ」が70.3%で17年連続のワースト1位。「バー・クラブ」は、近年25年間で24回1位(唯一2001年度がワースト2位)という不名誉な記録を持つワースト業種の常連。

 

次いで、昨年と同様「外国料理」(46.7%)、「大衆酒場、小料理」(46.3%)、「その他の飲食」(42.7%)と続いた。

 

また、1件当たりの不正所得金額が大きい10業種では、「輸入」(4385万円)、「その他の化学工業製造」(4237万円)、「産業用電気機械器具製造」(3146万円)が、それぞれ前年ランク外から1位~3位に、次いで例年ワースト上位の「パチンコ」は3063万円で4位だった。

 

 

 

« 台風第19号の被害者への救済策 申告・申請・納付等の期限を延長 | トップページ | 部下のパフォーマンス向上、離職意向も事前察知! 「1on1ミーティング」の適切な運用とは? »

税務調査 他」カテゴリの記事

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風第19号の被害者への救済策 申告・申請・納付等の期限を延長 | トップページ | 部下のパフォーマンス向上、離職意向も事前察知! 「1on1ミーティング」の適切な運用とは? »