ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「10連休」は全ての税務署が閉庁 「改元に伴う納付書の記載の仕方」 | トップページ | 乱立するポイントサービスとスマホ決済 KDDIも「au PAY」「au WALLETポイント運用」を開始 »

2019年4月 8日 (月)

シルバー人材の採用特化ポータルサイトが登場 「高齢者雇用市場」が拡大する兆しが見えた?!

 現在の高年齢者雇用安定法では、希望者を原則65歳まで雇用することが義務付けられている。裏を返すと、65歳になれば無収入になるということであり、年金で生活しなければならない。

  

しかし、総務省の家計調査年報によれば、夫婦無職世帯の平均年金支給額は19万1,880円、単身無職世帯は10万7,171円。価値観にもよるが、余裕をもった生活ができる額とはいえない。65歳以上でも働ける場所を探す人が増えるのは必然だ。

  

 そうした現状を背景に、政府は70歳まで働ける環境づくりを進めており、昨年10月の未来投資会議で安倍首相は「70歳までの就業機会の確保」を図りたいと言明。

  

民間でも高齢者の積極採用の動きが加速している。人材派遣大手のパソナグループでは「エルダーシャイン制度」を創設。65歳以上の契約社員をこの4月に80人採用した。

  

 求人メディアを運営するアイデムでは、傘下の広告代理店がシルバー採用に積極的な企業の情報を集めたポータルサイト「シルバーギアポータル」を開設した。求人情報だけでなくインタビュー記事などで企業の姿勢や取り組みを詳しく紹介するのが特徴だ。

  

 これらの動きから、シルバー人材も売り手市場になっていることがわかる。

  

10年20年先の戦力として期待はできないが、高い能力と豊富なノウハウがシルバー人材の魅力。活用すれば組織の強化に役立つのは間違いない。競争が激化する前に手を打つ人事施策が早急に求められている。

 

 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

« 「10連休」は全ての税務署が閉庁 「改元に伴う納付書の記載の仕方」 | トップページ | 乱立するポイントサービスとスマホ決済 KDDIも「au PAY」「au WALLETポイント運用」を開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「10連休」は全ての税務署が閉庁 「改元に伴う納付書の記載の仕方」 | トップページ | 乱立するポイントサービスとスマホ決済 KDDIも「au PAY」「au WALLETポイント運用」を開始 »