ちば会計

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« コミュニケーション能力向上を促す! ドイツ生まれの非日常型研修「DID」とは?  | トップページ | 頻発する自然災害が注目度アップの背景に? 今後主流になる可能性が高い「ESG投資」とは  »

2018年10月22日 (月)

QRコードを利用したコンビニ納付 2019年1月4日から全国で利用OKに

 コンビニ納付は、税務署から交付又は送付されたバーコード付の納付書がなければ利用できなかったが、
 
2019年1月4日以降、自宅等において必要な情報(氏名や税額など)をいわゆる「QRコード」(PDFファイル)として作成・出力することで納付が可能となる。
 
 利用方法は(1)自宅等で作成・出力した「QRコード」(PDFファイル)をコンビニ店舗に持参(2)いわゆる「キオスク端末」(「Loppi」や「Famiポート」)に読み取らせてバーコード納付書を出力(3)バーコード納付書によりレジで納付する――という流れ。
 
最終的にはバーコード納付書を利用するので、内容は従来のコンビニ納付と変わりはない。納付できる金額も従来のコンビニ納付と同様に30万円以下となる。
 
 QRコードの作成・出力方法は、確定申告書等作成コーナーからの作成・出力と国税庁ホームページからの作成・出力がある。
 
確定申告書等作成コーナーからの作成・出力は、確定申告書等作成コーナーにおいて、所得税、消費税、贈与税の申告書を作成する際、QRコードの作成を選択することで、申告書に併せてQRコード(PDFファイル)を印字した書面が出力(作成)される。
 
 コンビニ納付手続きが利用可能なコンビニは、10月5日時点でローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ(いずれも「Loppi」端末設置店舗のみ)、ファミリーマート(「Famiポート」端末設置店舗のみ)に限られている。
 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

« コミュニケーション能力向上を促す! ドイツ生まれの非日常型研修「DID」とは?  | トップページ | 頻発する自然災害が注目度アップの背景に? 今後主流になる可能性が高い「ESG投資」とは  »

IT関連」カテゴリの記事

その他税制」カテゴリの記事

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

所得税」カテゴリの記事

法人税」カテゴリの記事

消費税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/67301462

この記事へのトラックバック一覧です: QRコードを利用したコンビニ納付 2019年1月4日から全国で利用OKに:

« コミュニケーション能力向上を促す! ドイツ生まれの非日常型研修「DID」とは?  | トップページ | 頻発する自然災害が注目度アップの背景に? 今後主流になる可能性が高い「ESG投資」とは  »