ちば会計

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 固定資産の「修繕費」と「資本的支出」 区分けは名目ではなく実質によって判断 | トップページ | 贈与時と譲渡時とで異なる路線価 譲渡は路線価を0.8で割り戻し算定 »

2018年9月 3日 (月)

寄付メインからマーケティングの場へと変化! クラウドファンディングの「新しいカタチ」とは

 東日本大震災の復興支援で活用場面が増えた経緯から、「寄付サイト」としてのイメージが根強いクラウドファンディング。しかし、実はマーケティングツールとして有効であることが知られるようになってきた。
 
そうした事例を多く生んでいるのが、2013年8月にサービスを開始した「Makuake(マクアケ)」だ。産業支援に軸足を置いたクラウドファンディングを展開し、平均調達金額は200万円以上、1,000万円を超える成功事例は5年間で110件以上にのぼっている。
 
 産業支援型のクラウドファンディングは、「お金を出すとモノや体験が得られる」というシンプルな仕組み。
 
チャレンジングな商品に対する反応も図れる。マクアケの場合、サイバーエージェントグループの強みを活かして商品プロモーションの場としても効果を発揮している。
 
 目標金額に到達しないと資金が得られない「オール・オア・ナッシング方式」だけでなく、目標に届かなくても資金が得られる「オール・イン方式」を選べるのも大きい。
 
興味深いのは、中小・零細の事業者だけでなく大手企業の参画も進んでいる点。
 
社内プロジェクトをクラウドファンディングで展開し、大きな反響を得て人材や予算を獲得した例もあるという。金融機関も注目しており、調達金額に応じて融資額を決める銀行も出現しているほど。
 
もはやマーケティングだけでなく、ビジネスチャンスを広げる場として機能し始めているといえよう。
 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

« 固定資産の「修繕費」と「資本的支出」 区分けは名目ではなく実質によって判断 | トップページ | 贈与時と譲渡時とで異なる路線価 譲渡は路線価を0.8で割り戻し算定 »

ふるさと寄付金」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/67126331

この記事へのトラックバック一覧です: 寄付メインからマーケティングの場へと変化! クラウドファンディングの「新しいカタチ」とは:

« 固定資産の「修繕費」と「資本的支出」 区分けは名目ではなく実質によって判断 | トップページ | 贈与時と譲渡時とで異なる路線価 譲渡は路線価を0.8で割り戻し算定 »