ちば会計

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 8月は個人事業税の第1期分納付 個人事業税は租税公課として経費 | トップページ | 会社主催の海水浴費用の取扱い 社員の家族同伴も損金算入は可能か? »

2018年7月26日 (木)

老後に備えた資産運用、約6割が「していない」 社会施策としての資産運用を普及すべき段階に

 超高齢化社会で求められる金融サービスのあり方を、金融庁が検討している。
 
高齢世帯の金融資産が横ばい状態であることが一因で、確定拠出年金(DC)の対象年齢や上限額の引き上げなども視野に入れているようだ。
 
平均寿命の伸長などが想定されているのに、「備え」としての高齢世帯の金融資産が伸びないのはなぜか。
 
興味深いデータを提示するのが、調査会社のインテージリサーチで、全国の16歳から79歳までを対象にしたインターネット調査の結果、「老後に備えた資産運用を行っていない」との回答が約6割を占めた。このうち、半数以上が「興味はあるが行っていない」と回答している。
 
 資産運用に対して消極的な風潮があるのは、金融商品をめぐるトラブルの頻発と無関係ではないだろう。元本割れリスクを恐れる心理を助長しているのではないか。また、こうした状況の根底にあるのは、資産運用に“ギャンブル性”や投機性を感じる人が多いからだと思われる。
 
だが、資産運用や投資は本来、社会貢献につながるべきもの。投資が有効に活用されて社会を改善し、その対価としてリターンが得られるのが健全な金融のあり方だろう。
 
 今後、日本の人口は減少に転ずることが確定的だ。社会の持続的な発展には、国民の資産を回して経済を活性化することも一手だ。
 
ミクロ的な施策で確定拠出年金のスペック改善なども必要だが、マクロ政策として資産運用への基本認識を啓蒙し、金融リテラシーの底上げを図ることが重要ではないか。
 
 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

 

« 8月は個人事業税の第1期分納付 個人事業税は租税公課として経費 | トップページ | 会社主催の海水浴費用の取扱い 社員の家族同伴も損金算入は可能か? »

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

株式・投資」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66987472

この記事へのトラックバック一覧です: 老後に備えた資産運用、約6割が「していない」 社会施策としての資産運用を普及すべき段階に:

« 8月は個人事業税の第1期分納付 個人事業税は租税公課として経費 | トップページ | 会社主催の海水浴費用の取扱い 社員の家族同伴も損金算入は可能か? »