ちば会計

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« “ヒト”の管理を省力化して経営を効率化! 「ホラクラシー経営」のメリット・デメリット | トップページ | 仮想通貨の補償金は雑所得で課税 非課税の損害賠償金には該当せず―国税庁 »

2018年4月11日 (水)

赤字法人割合は7年連続の減少 所得金額は59.5兆円で過去最大を記録

 国税庁が公表した「2016年度分会社標本調査」結果によると、2016年度分の法人数は267万2,033社で、前年度より1.1%増と4年連続で増加した。
 
このうち、連結親法人は1645社で同3.9%増、連結子法人は1万1908社で同4.3%増。連結子法人を除いた266万125社のうち、赤字法人は168万9,427社で、赤字法人割合は前年度比0.8ポイント減の63.5%となり7年連続で減少。
 
2016年度分の営業収入金額は、前年度に比べ0.1%増の1,450兆8,100億円と増加に転じた。黒字法人の営業収入金額は同2.3%増の1,144兆4,408億円と増加に転じ、所得金額は同3.9%増の59兆4,612億円で過去最大、7年連続の増加となった。
 
 法人税額は10兆4,676億円で、前年度より▲0.3%減り、7年ぶりに減少。また、所得税額控除は3兆1,733億円で、同▲18.2%減と7年ぶりの減り、外国税額控除は5,104億円で、同▲7.0%減と2年連続で減少した。
 
 繰越欠損金の当期控除額は7兆5,951億円で、同▲7.4%減と3年連続の減少、翌期繰越額は68兆4,167億円で、同4.7%増となり、2年連続の増加となったが、低水準が続いている。
 
 2017年3月までの1年間に全国の企業が取引先の接待などに使った交際費は前年度比4.1%増の3兆6,270億円と5年連続で増えたが、過去最高だった1992年分の6兆2,078億円からほぼ半減している。
 
 

« “ヒト”の管理を省力化して経営を効率化! 「ホラクラシー経営」のメリット・デメリット | トップページ | 仮想通貨の補償金は雑所得で課税 非課税の損害賠償金には該当せず―国税庁 »

中小企業」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66599539

この記事へのトラックバック一覧です: 赤字法人割合は7年連続の減少 所得金額は59.5兆円で過去最大を記録:

« “ヒト”の管理を省力化して経営を効率化! 「ホラクラシー経営」のメリット・デメリット | トップページ | 仮想通貨の補償金は雑所得で課税 非課税の損害賠償金には該当せず―国税庁 »