ちば会計

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年分から医療費控除が変わる 原則「医療費控除の明細書」提出へ | トップページ | 法制審、民法改正の要綱案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割外 »

2018年2月16日 (金)

なぜ「広い売り場」を飛び出し訪問サービスに? あるホームセンターが掘り起こした新たなニーズ

なぜ「広い売り場」を飛び出し訪問サービスに? あるホームセンターが掘り起こした新たなニーズ
 
 幅広い商品ラインナップを誇るホームセンター。休日ともなれば多数の人が訪れ、活況を呈している。しかし、M&Aや資本業務提携の動きを見て分かるように、人口減少による小売業界全体の市場縮小で、中市場規模は頭打ちの状態だ。
 
 そこで、発想の転換を図ったのが、全国に59店舗を展開するロイヤルホームセンター。
 
売り場の広さが最大の特徴のホームセンターが、訪問型の「駆けつけサービス」を開始した。水周りのトラブル解決や、住まいの設備取り付け・点検などを行う「ロイサポート」がそれだ。
 
下請け業者に委託するのではなく、厳しい技術研修をクリアした社員がすべて担当することで、信頼度を高めている。すでに月間売上高は1億円を突破。毎年倍増ペースで伸び続けており、法人向けも強化する狙いだとか。成功のカギは、高齢者の増加にある。
 
そもそもホームセンターは、DIYニーズに応える店舗形態。商品購入後、自ら取り付けまで行わなければならず、高齢者は取り付けに積極的ではない。BtoC向けの取り付け業者は一般的ではなく、実はブルーオーシャンだったとういうわけだ。
 
 さらに、同社は住宅・建設業界大手、大和ハウス工業のグループ会社のため、資材や設備が安価で仕入れることも可能。展開すべきフィールドを柔軟に捉え、経営資源の有効利用とニーズの掘り起こしに成功したというわけだ。
 
発想の転換で突破口を見つけられる好例ではないだろうか。
 
 

« 2017年分から医療費控除が変わる 原則「医療費控除の明細書」提出へ | トップページ | 法制審、民法改正の要綱案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割外 »

企業」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

若年層・シニア層」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66399282

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ「広い売り場」を飛び出し訪問サービスに? あるホームセンターが掘り起こした新たなニーズ:

« 2017年分から医療費控除が変わる 原則「医療費控除の明細書」提出へ | トップページ | 法制審、民法改正の要綱案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割外 »