ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 有給インターンシップとして業務を実践! マイクロソフト 女性のキャリア再開支援 | トップページ | 一般社団法人を設立する節税にメス 親族が代表者を継いだ場合は課税 »

2018年2月 1日 (木)

LINEがネット証券と提携、約70億円を投資 資産運用事業に参入を決めた理由とは?

 SNS大手のLINEは、1月18日に2015年創業のネット証券会社FOLIO(フォリオ)と資本業務提携を締結し、約70億円を投資したと発表。
 
ゴールドマン・サックスや三井物産などと共同だが、半分以上はLINEによるものだと報じられている。
 FOLIOは「資産運用をバリアフリーに。」をミッションに掲げ、10万円前後から分散投資ができるサービスを展開。
 
「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマを選べば複数の企業の投資ができる仕組みが特徴。
 
若年層をターゲットとした本サービスは20~30代がコア利用者層で、国内月間利用者数7,100万人以上と大規模なユーザー基盤を持つLINEとの提携は、願ってもないものではないか。
 
 LINE側のメリットは、同社の収益構造を見れば読み解くことができる。
 
収益の柱は、ゲーム、スタンプ、広告の3つ。いずれも安定した売上をあげているが、トレンドの移り変わりに左右されるリスクは否めない。
 
そこで、ゲームやマンガといったコンテンツだけでなく、決済やショッピングといった生活に密着したプラットフォームになることを目指しているのだ。
 
すでに決済では「LINE Pay」を実施しているが、より強固に“お金”との結びつきを強めるにユーザーを資産運用のマーケットに巻き込むのが狙い。この賭けが吉と出るか凶と出るか、今後の動きから目が離せない。
 
 

« 有給インターンシップとして業務を実践! マイクロソフト 女性のキャリア再開支援 | トップページ | 一般社団法人を設立する節税にメス 親族が代表者を継いだ場合は課税 »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

株式・投資」カテゴリの記事

IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 有給インターンシップとして業務を実践! マイクロソフト 女性のキャリア再開支援 | トップページ | 一般社団法人を設立する節税にメス 親族が代表者を継いだ場合は課税 »