ちば会計

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 調査日数は1日か2日で終了が64% 調査結果は「修正申告」が75.0% | トップページ | あえて“匠の技”ではなく“汎用性”を追求!ファイナンス会社がいちご生産に取組むワケ »

2017年12月25日 (月)

AI翻訳を活用した外国語SNS分析で NTT東日本と電通が共同事業

 NTT東日本と電通は、外国語SNSデータをAI翻訳し、分析内容を活用した外国人向けプロモーションを来年1月からトライアル実施する。
 
 トライアルで活用されるのは、NTT東日本のAI翻訳エンジン「ひかりクラウドcototoba」。
 
翻訳された内容は、電通とNTTデータの協業組織である「電通ソーシャルインサイトラボ」のノウハウを活用して分析される。
 
これまでのSNSデータ分析では困難だったポジティブ評価や、頻出ワードを含む文章中に頻出する「共起ワード」の抽出が可能になることで、「人気エリア周辺のおすすめ観光資源」や「話題は少ないが評価の高い観光資源」を発掘することができるという。
 
その結果に応じ、訪日外国人向けの旅プラットフォームでプロモーションコンテンツの配信を行い、その効果もSNS翻訳を通じて随時分析していく計画だ。
 
 これまでも、インバウンド向けのマーケティングは行われてきたが、SNSデータや位置情報、決済情報など多数あるデータの個別活用にとどまっており、一元的に活用するシステムがなかった。
 
その点、今回の取り組みはAI翻訳エンジンと独自のノウハウを活用することでそれらの課題を解決できるのが魅力。政府の後押しもあり、訪日外国人の数は右肩上がり。
 
インバウンドビジネスは今後も広がりを見せると予測される。そんな中で両社が取り組むマーケティング施策がどのような効果を発揮するか注視しておきたい。
 
 

« 調査日数は1日か2日で終了が64% 調査結果は「修正申告」が75.0% | トップページ | あえて“匠の技”ではなく“汎用性”を追求!ファイナンス会社がいちご生産に取組むワケ »

IT関連」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

地域・伝統」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66198822

この記事へのトラックバック一覧です: AI翻訳を活用した外国語SNS分析で NTT東日本と電通が共同事業:

« 調査日数は1日か2日で終了が64% 調査結果は「修正申告」が75.0% | トップページ | あえて“匠の技”ではなく“汎用性”を追求!ファイナンス会社がいちご生産に取組むワケ »