ちば会計

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「不動産の使用料等の支払調書」 年中支払計15万円超が提出義務者 | トップページ | 2016事務年度の法人税等の調査事績 7.2万件から申告漏れ総額8267億円 »

2017年11月28日 (火)

「手軽」「格安」「高グレード」の三拍子揃えたレンタカーサービスを始めたホンダの狙い

 自動車メーカー大手のホンダは、11月9日から新たな会員制レンタカーサービス「EveryGo」を始めた。まずは東京と横浜で、12月からは大阪でもスタートする。
 
 既存のレンタカーに比べ、パッケージも使い勝手の良さもケタ違い。登録や予約もウェブで完結し、無人のステーションから借り出せて手続も簡単だ。会員証も不要で、ICカード型運転免許証をクルマにタッチするだけと手軽。
 
料金も、軽自動車なら8時間3,780円プラス1km15円の距離料金を加算と、カーシェアリング大手のタイムズカープラスが6時間パックで4,020円(距離料金なし)、
 
12時間パックで6,690円プラス距離料金1km16円であるのと比べてもリーズナブルだ。
 
しかも、販売1カ月で5万台を売り上げた新型N-BOXなどラインナップも豪華で豊富。装備も上級グレードで先進安全運転支援機能「Honda SENSING」搭載車も導入しており、究極まで洗練させたサービスと言えるだろう。
 
 十分な利益が出ると想像しにくいこのサービス。実は販売促進を兼ねているようだ。
 
都市部で“クルマ離れ”が加速している中、試乗で伝えきれない魅力とユーザーの購買意欲を刺激するには、体験するのが最善のマーケティングだというわけだ。
 
クルマ文化を維持・発展させる施策としても注目したいサービスである。
 
 

« 「不動産の使用料等の支払調書」 年中支払計15万円超が提出義務者 | トップページ | 2016事務年度の法人税等の調査事績 7.2万件から申告漏れ総額8267億円 »

IT関連」カテゴリの記事

プライベートブランド(PB)」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66097463

この記事へのトラックバック一覧です: 「手軽」「格安」「高グレード」の三拍子揃えたレンタカーサービスを始めたホンダの狙い:

« 「不動産の使用料等の支払調書」 年中支払計15万円超が提出義務者 | トップページ | 2016事務年度の法人税等の調査事績 7.2万件から申告漏れ総額8267億円 »