ちば会計

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! | トップページ | メンタルヘルス対策にも役立つ? 欧米で定着しつつある「サバティカル休暇」 »

2017年11月13日 (月)

社員に支給の制服等の非課税条件 私服でも着用できるスーツは課税

 会社が従業員に対して作業服や事務服、制服等を支給しているケースは少なくないが、支給条件等を誤ると課税されてしまう恐れがあるので注意が必要だ。
使用者が、その職務の性質上制服を着用すべき従業員に対して、制服その他の身の回り品を支給することによる経済的利益については、所得税法上、非課税所得とされており、
 
専ら勤務場所のみで着用する作業服や事務服等についても同様に取り扱ってよいことになっている。
 
 しかし、この場合において非課税とされるのは、専ら勤務場所において着用する事務服等の「現物」による支給だ。
 
勤務場所以外でも着用できる私服の支給や、制服手当てのように現金で支給される場合には給与として課税されることになる。
 
 例えば、私服として着用できるスーツを制服として支給した場合は、所得税法上非課税とされる制服等には当たらないことから、給与等として源泉徴収する必要がある。
 
 税務上、事務服・作業服等の支給が非課税とされる要件は、
 
(1)専ら勤務する場所において通常の職務を行う上で着用するもので、私用には着用しない又は着用できないこと、
 
(2)その職場に属する者の全員又は一定の仕事に従事する者の全員を支給の対象とすること、(更に厳格にいえば、それを着用する者がそれにより一見して特定の職員又は特定雇用主の従業員であることが判別できるものであること)が必要とされている。
 
 
 

« 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! | トップページ | メンタルヘルス対策にも役立つ? 欧米で定着しつつある「サバティカル休暇」 »

中小企業」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

所得税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/66039060

この記事へのトラックバック一覧です: 社員に支給の制服等の非課税条件 私服でも着用できるスーツは課税:

« 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! | トップページ | メンタルヘルス対策にも役立つ? 欧米で定着しつつある「サバティカル休暇」 »