ちば会計

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 16年民間平均給与は約422万円 前年比0.3%増と4年連続の増加 | トップページ | 資産運用分野のスタートアップ企業を育成 東京版金融ビッグバン目指す東京都の危機感 »

2017年10月13日 (金)

属人的になりやすい職種で活用できる 専門学校での“逆インターンシップ”

 2018年度の税制改正で、社員教育を拡充した企業の法人税減税が検討されている。
 
しかし、職種によっては社員研修を組みにくいものもある。属人的になりやすい技術の習得が求められる場合はなおさらだ。
 
そんなケースにひとつの回答を提示してくれたのが、舞台音響や照明などのオペレーション業務を担うエス・シー・アライアンス。
 
音響・照明はいわば職人の世界。キャリアが浅いと自らの技術レベルがわからず、ビジョンを描きにくいため離職につながりやすかったという。
 
 そこで同社は、入社2~4年目の若手社員を対象に、東放学園音響専門学校で2日間の実践研修を実施。参加した社員からは「音響の面白さを改めて感じた」と前向きな感想が相次いだ。
 
実は、同様の例は他校でも見られる。たとえば田中角栄を輩出したことでも知られる建築・土木・CADの専門学校である中央工学校では、大手ゼネコンが定期的に新入社員研修を実施。
 
給排水や衛生関連設備、照明設備まで一室に揃えた「建築設備実習室」があり、そのクオリティが大学や大学院にもない高さであることが、選ばれている理由だとか。
 
 専門学校は機材も充実しており、体系的に学ぶにはうってつけの場所。中堅社員にとっては、講師の教え方に触れることで、若手社員への接し方を見直すことにもつながる。
 
学校とのパイプを強化することは採用戦略にも当然役立つため、社員研修の選択肢として検討する価値があるだろう。
 
 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

 

« 16年民間平均給与は約422万円 前年比0.3%増と4年連続の増加 | トップページ | 資産運用分野のスタートアップ企業を育成 東京版金融ビッグバン目指す東京都の危機感 »

中小企業」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/65911695

この記事へのトラックバック一覧です: 属人的になりやすい職種で活用できる 専門学校での“逆インターンシップ”:

« 16年民間平均給与は約422万円 前年比0.3%増と4年連続の増加 | トップページ | 資産運用分野のスタートアップ企業を育成 東京版金融ビッグバン目指す東京都の危機感 »