ちば会計

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« マーケティング初心者向けの検定が登場 社会人の基本スキルとして不可欠な知識に | トップページ | 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! »

2017年10月30日 (月)

法人の黒字申告割合は33.2%に上昇 申告所得金額は過去最高の63.5兆円

 国税庁が発表した2016事務年度の法人税の申告事績によると、今年6月末現在の法人数は前年度から1.0%増の307万9千法人で、うち2016年度内に決算期を迎え今年7月末までに申告した法人は、同1.3%増の286万1千法人だった。
 
その申告所得金額は同3.2%(1兆9388億円)増の63兆4749億円と7年連続で増加し過去最高額となったが、申告税額の総額は同▲1.3%(1472億円)減の11兆2372億円で7年ぶりに減少した。
 
 法人の黒字申告件数は95万件(前年対比4.8%増)で、黒字申告割合は前年度に比べ1.1ポイント上昇の33.2%となり、6年連続の増加。黒字申告割合は2014年度以降3年連続で30%台となった。
 
もっとも、法人の黒字申告割合は、過去最高だった1973年度(65.4%)の半分にも満たない低い数字が、1993年度から24年も続いていることになり、黒字申告割合は低水準が続いている。
 
 黒字申告件数は6年連続の増加だが、黒字法人の申告1件あたりでは前年度に比べて▲1.6%減の6679万円となった。
 
 一方で、申告欠損金額は同▲13.1%減の11兆9162億円、赤字申告1件あたりの欠損金額も同▲12.8%減の624万円と、ともに減少し、企業業績全体が改善されつつあることがうかがえる。
 
ちなみに、申告欠損金額のピークは1999年度の33兆2791億円だったので、2016年度は約36%まで減少したことになる。
 
 

« マーケティング初心者向けの検定が登場 社会人の基本スキルとして不可欠な知識に | トップページ | 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! »

中小企業」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/65982197

この記事へのトラックバック一覧です: 法人の黒字申告割合は33.2%に上昇 申告所得金額は過去最高の63.5兆円:

« マーケティング初心者向けの検定が登場 社会人の基本スキルとして不可欠な知識に | トップページ | 新設された中小企業経営強化税制の活用法 エコ対策にもなる太陽光設備に注目! »