ちば会計

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 住宅購入等に係る登録免許税の軽減 適用期限が20年3月まで3年延長 | トップページ | 属人的になりやすい職種で活用できる 専門学校での“逆インターンシップ” »

2017年10月13日 (金)

16年民間平均給与は約422万円 前年比0.3%増と4年連続の増加

 2016年1年間を通して民間企業に勤めた給与所得者の平均給与は421万6千円で、前年に比べ0.3%増加したことが、国税庁が発表した2016年分民間給与実態統計調査で分かった。
 
平均給与は4年連続の増加。調査は、全国の約2万8千事業所、約31万2千人の数値をもとに推計したもの。
 
 調査結果によると、2016年12月31日現在の給与所得者数は、前年に比べ1.7%増加の5744万2千人だった。そのうち、1年を通じて勤務した給与所得者数は、前年比1.6%増の4869万1千人(正規3182万2千人、非正規1154万6千人)で過去最多を更新している。
 
その平均給与約422万円の内訳は、平均給料・手当が同0.4%増の357万1千円、賞与は同▲0.5%減の64万5千円と減少した。平均給料・手当に対する平均賞与の割合は前年から▲0.1ポイント減の18.1%となった。
 
 男女別の平均給与は、男性(平均年齢45.9歳、平均勤続年数13.5年)が前年比0.1%増の521万1千円、女性(同46.1歳、9.9年)が同1.3%増の279万7千円。
 
正規、非正規別にみると、1人当たりの平均給与は、正規が同0.4%増の486万9千円(男性539万7千円、女性373万3千円)、非正規は同0.9%増の172万1千円(男性227万8千円、女性148万1千円)とともに増えた。
 
 平均給与を事業所規模別にみると、従業員「10人未満」の事業所の338万8千円に対し、同「5000人以上」の事業所では508万6千円だった。
 
 

« 住宅購入等に係る登録免許税の軽減 適用期限が20年3月まで3年延長 | トップページ | 属人的になりやすい職種で活用できる 専門学校での“逆インターンシップ” »

中小企業」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99116/65911667

この記事へのトラックバック一覧です: 16年民間平均給与は約422万円 前年比0.3%増と4年連続の増加:

« 住宅購入等に係る登録免許税の軽減 適用期限が20年3月まで3年延長 | トップページ | 属人的になりやすい職種で活用できる 専門学校での“逆インターンシップ” »