ちば会計

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 | トップページ | 法制審、民法改正の試案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割の対象外に »

2017年8月22日 (火)

ROEが高い企業はやはり狙い目! 「攻めのIT経営銘柄」で見えた投資ポイント

 経済産業省と東京証券取引所が共同で選定している「攻めのIT経営銘柄」。株式投資をするならばチェックしておきたい銘柄ではあるものの、結果だけ見ると有名企業ばかりで、その銘柄を狙うのは面白みに欠ける。
 
 しかし、銘柄選定に用いられたアンケート調査結果を分析したところ、成長企業に不可欠な要素が見えてきた。その要素を満たす企業が「次の狙い目」といえるだろう。

 では、どのような要素が必要なのだろうか。
 
アンケート調査結果から炙り出されたのは、ずばり「ROE(自己資本比率)」の高さだ。
 
ROEは、どの程度効率よく利益を稼いでいるかを示す指標。日本では、ROEが8%以上の水準になると、PBR(株価純資産倍率)との相関が強まる傾向にあり、株式市場で評価される。
 
アンケート調査結果によれば、「攻めのIT経営銘柄2017」に選定された企業のうち、3年平均のROEが8%以上の企業が65%を占めた。5~8%未満が29%、0~5%未満は6%で、0%未満の企業はなかった。
 
ちなみに、選定されなかった企業のうち、ROEが8%以上の企業は46%だったものの、5%未満が3割以上を占めている。
 
 もちろん、株主資本が少ない場合などはROEが高くなるため、それだけを基準にはできない。しかし、ROEは利益の額ではなく、質を図る指標であるため、安定株で長期運用を狙う際は、ぜひ参考にしてみてほしい。
 
 

« ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 | トップページ | 法制審、民法改正の試案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割の対象外に »

企業」カテゴリの記事

株式・投資」カテゴリの記事

IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 | トップページ | 法制審、民法改正の試案を公表 配偶者への贈与住居は遺産分割の対象外に »