ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「寝坊」が引き起こす経営リスクを防ぐ! 法人向けモーニングコールが登場 | トップページ | ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 »

2017年7月24日 (月)

メガネ販売大手のオンデーズ 勤務時間の完全禁煙を義務化

 受動喫煙防止が世界的なトレンドとなっている現在、積極的な対策を進める民間企業が増えている。
 
多くが、従業員の健康をサポートする「健康経営」の観点を重視したものだが、生産性の向上に直結する施策を打ち出した企業が登場した。
 
 その企業とは、メガネ販売大手の株式会社オンデーズ。休憩時間を含む勤務時間の禁煙を全社員に義務付けた。
 
メガネ販売は、視力検査やメガネの調整などで顧客に近づく機会が多いが、来店顧客の74%が「タバコのニオイや体臭、香水」にマイナスの印象があるとの結果が出たため、ドラスティックな施策を打ったというわけだ。
 
 しかし、ドラスティックなやり方には反対意見がつきもの。休憩時間の喫煙も認めない方針に、喫煙者のスタッフから不満の声があがった。
 
そうした反対意見を抑え込んだのは、1日数箱を空にするほどヘビースモーカーだった社長が率先して禁煙したからだという。
 
また、タバコだけを槍玉に挙げるのではなく、社内服装規程に「ニオイへの配慮」という項目を追加し、香水の禁止と食後の歯みがきを奨励。
 
接客品質を向上させ、会社の利益アップにつなげるための施策だと打ち出したのが、功を奏したのだろう。
 
 嗜好品であるだけに施策のさじ加減が難しい受動喫煙対策。オンデーズのように、業務に紐付けて展開させる手法は、他業種にも大きなヒントになるのではないだろうか。
 
 

« 「寝坊」が引き起こす経営リスクを防ぐ! 法人向けモーニングコールが登場 | トップページ | ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガネ販売大手のオンデーズ 勤務時間の完全禁煙を義務化:

« 「寝坊」が引き起こす経営リスクを防ぐ! 法人向けモーニングコールが登場 | トップページ | ウィークリーマンションと消費税 一定の要件に該当すると課税取引 »