ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラオックス、京都の観光タクシー会社を買収 低リスク高リターンのM&A戦略に注目 | トップページ | 内定後に最大2年の猶予期間 ユニリーバ:柔軟性の高い新卒採用制度 »

2017年6月16日 (金)

2016年分所得税等の確定申告状況 申告納税額は2年連続増の3兆円

 国税庁が発表した2016年分所得税等の確定申告状況によると、所得税の確定申告書を提出した人は、前年を0.8%上回る2169万人となり、2年連続で増加した。
 
申告納税額がある人(納税人員)は同0.7%増の637万人となり、2年連続の増加。納税人員の増加に伴い、その所得金額も同1.7%上回る40兆572億円となり、2年連続で増加した。
 
 申告納税額は、前年を3.1%上回る3兆621億円と、2年連続の増加。これは、土地の譲渡所得が前年分に比べ10.0%増と増加したことが影響しているとみられる。
 
なお、還付申告者数は、前年分から0.9%増の1258万人と、2010年分(1267万3千人)からほぼ横ばいで推移しているが、申告者全体の約58%を占めている。
 
 所得税申告者のうち、株式等の譲渡所得の申告者は前年分比2.7%増の93万人2千人と3年ぶりに増加したが、うち所得金額がある人は同36.3%減の29万4千人、所得金額は同4.7%減の2兆6130億円と、ともに2年ぶりに減少。
 
これら株式等譲渡所得の申告者を除く土地等の譲渡申告者は同1.2%増の49万5千人、うち所得金額がある人は同1.6%増の32万人6千人、所得金額は同10.0%増の4兆4652億円でともに7年連続で増加した。
 
 一方、贈与税の申告状況は、贈与税の申告書を提出した人員が50万9千人で前年分比5.4%減、そのうち納税人員は37万1千人で同3.2%減少し、その申告納税額は2252億円で同6.2%減少している。
 
 
 

« ラオックス、京都の観光タクシー会社を買収 低リスク高リターンのM&A戦略に注目 | トップページ | 内定後に最大2年の猶予期間 ユニリーバ:柔軟性の高い新卒採用制度 »

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

所得税」カテゴリの記事

確定申告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラオックス、京都の観光タクシー会社を買収 低リスク高リターンのM&A戦略に注目 | トップページ | 内定後に最大2年の猶予期間 ユニリーバ:柔軟性の高い新卒採用制度 »