ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 来年開始する積立NISA 対象となりうる投信は1%以下? | トップページ | 人気投稿者の商品撮影サービスが大反響 コンテンツの「センス」が必要な時代が到来 »

2017年5月29日 (月)

第17号文書規定の印紙税非課税 「営業に関しない受取書」とは?

 印紙税は、文書の種類ごとに非課税となる文書が定められており、第17号文書に規定する売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書であれば、営業に関しない受取書又は受取金額が5万円未満のものは非課税とされている。
 
金銭又は有価証券の受取書であっても、受け取った金銭などが、その受取人にとって営業に関しないものである場合には非課税となる。
 
では、ここでいう「営業」とはどういうものなのだろうか。
 
 営業というのは、一般に、利益を得る目的で、同種の行為を継続的、反復的に行うことをいう。
 
したがって、株式会社などの営利法人の行為は全て営業に関するものであることから、会社が作成する受取書については、本業の売上代金に係る受取書だけでなく、保有する土地を売却するなど、本業以外で得た売上代金に係る受取書についても、営業に関しない受取書とは言えず、受取金額が5万円以上であれば印紙を貼る必要がある。
 
 一方、個人の場合は、たまたま自宅を売却するなど私的日常生活に関して得た売上代金に係る受取書は、営業に関しない受取書に該当する。
 
 ただし、例えば、土地を貸したり、ネットオークションに品物を出品したりして、継続的・反復的に利益を得ている場合には、営業そのものに該当するため、その売上代金に係る受取書は、営業に関しない受取書とは言えず、非課税文書には該当しないことになる。

« 来年開始する積立NISA 対象となりうる投信は1%以下? | トップページ | 人気投稿者の商品撮影サービスが大反響 コンテンツの「センス」が必要な時代が到来 »

企業」カテゴリの記事

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17号文書規定の印紙税非課税 「営業に関しない受取書」とは?:

« 来年開始する積立NISA 対象となりうる投信は1%以下? | トップページ | 人気投稿者の商品撮影サービスが大反響 コンテンツの「センス」が必要な時代が到来 »