ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 最高裁、節税目的の養子縁組も有効 養子縁組をする意思があればOK | トップページ | 直系尊属からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用 »

2017年2月17日 (金)

毎年1億円以上の赤字からV字回復! 「ひらかたパーク」の戦略とは?

 今も昔も、遊園地はレジャーの代表格。定期的に新しいアトラクションを導入するなど、大規模な設備投資が必要なため、潤沢な資本が必要な事業だと思われがちだ。
 
実際、近年は多くの遊園地が経営難により閉園に追い込まれている。
ところが、10年以上も大型の設備投資をせず、売上をV字回復させた遊園地がある。
 
それが、大阪にある「ひらかたパーク」。2008年までは年間1億円前後の赤字を毎年計上していたが、ここにきてV字回復。4年連続で年間来園者数を増加させ、昨年度、今年度は2年連続で100万人を突破している。
 
 
 大型の設備投資をすることもなく、なぜ来園者数を増加させることができたのだろうか。人気のアトラクションを見れば、その秘密がわかる。
 
たとえば、「ジャイアントドロップメテオ」。よくある垂直落下型の絶叫系アトラクションだが、2014年に「園長」となったV6の岡田准一さんの目をプリントした「兄さんアイマスク」で目隠しをさせ「目隠しライド」と企画。
 
さらに「おま」以外の叫び声を禁止にした「おまライド」という企画を行うことで、エンタメ性を追加したのだ。
 
 
 ほかにも、工夫を凝らした企画やCMで話題の「ひらかたパーク」。広告会社に任せず、すべて社員が決めているのもコスト削減につながった。
 
旧来の装置産業から脱却し、エンターテインメント産業へと生まれ変わったプロセスは、他のビジネスでも学ぶべき点があるのではないだろうか。
 
 
 
 
 

« 最高裁、節税目的の養子縁組も有効 養子縁組をする意思があればOK | トップページ | 直系尊属からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用 »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 最高裁、節税目的の養子縁組も有効 養子縁組をする意思があればOK | トップページ | 直系尊属からの暦年課税の財産贈与 20歳以上の受贈者は特例税率適用 »