ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 消費税率引上げ時期の変更に伴う措置 軽減税率など軒並み2年半延期又は延長 | トップページ | 国外居住親族に係る扶養控除に注意 親族関係・送金関係書類の提出義務化 »

2016年9月26日 (月)

日本的製品の復活に懸ける想い 大企業26社の若手が新団体設立

 9月初めの東京都内。大手企業の若手社員が企業の枠を超えて120人ほど集まった。主に30代の男女社員たちが、革新的な技術やサービスを生み出すための提言を行っていこうと、新しい団体の設立を宣言したのだ。その名も「One JAPAN」。あえて訳せば「一つの日本」「唯一日本」や「№1」ともとれる。

 

 設立総会に集まったのはトヨタ自動車やパナソニック、NTTグループなど26社の有志。

 

 今日の日本企業には、組織の膨張とともに機敏な経営ができなくなり、革新的な技術やサービスを生み出せずグローバルなシェアが獲得できていない危機感がある。

 

団体の代表は「伝統的な大企業は、資金や人材は豊富だが、課題も多い。革新的な技術やサービスを生み出す新しい事業や働き方を共有し、日本をよくする団体にしたい」と“異業種結集”の潜在能力の高さをアピールした。

 

 『ジャパン・アズ・ナンバーワン』と謳われた1980年代を駆け巡った栄光、成功体験があるだけに企業環境が激変した21世紀の産業は何とも歯がゆい。新団体の若手社員は日本の黄金の80年代を知らない。

 

今回の「One JAPAN」の命名に接して、思わず「№1ジャパン」を連想したのは、若手社員の気持ちを忖度すれば「ものづくり(日本的な工業製品の復活」に懸ける想いの、いたたまれない行動からであろう。

 

 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

 

« 消費税率引上げ時期の変更に伴う措置 軽減税率など軒並み2年半延期又は延長 | トップページ | 国外居住親族に係る扶養控除に注意 親族関係・送金関係書類の提出義務化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

プライベートブランド(PB)」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

地域・伝統」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

生き方 社会」カテゴリの記事

若年層・シニア層」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本的製品の復活に懸ける想い 大企業26社の若手が新団体設立:

« 消費税率引上げ時期の変更に伴う措置 軽減税率など軒並み2年半延期又は延長 | トップページ | 国外居住親族に係る扶養控除に注意 親族関係・送金関係書類の提出義務化 »