ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 通勤手当の非課税限度額を引上げ 今年1月から10万円を15万円に | トップページ | 入社3ヵ月、3年離職を防ぐ策は? 新人はウエットな人間関係求める »

2016年3月10日 (木)

役員に支給する渡切交際費の取扱い 臨時に支給するものは「役員賞与」

 渡切交際費とは、役員や従業員に対して交際費など会社の業務のために使う目的で金銭を支出したにもかかわらず、その使途や使用金額について精算を要しないものをいう。

このような支出は名目上交際費として会社が支給をしたとしても、領収書等の証拠資料をもって精算がされないような交際費は、支給を受けた人間が自由に処分できるので、給与の性質を有するものと考えられ、交際費には該当しないこととされて

いる。

 したがって、渡切り交際費が毎月定額で役員に支給されるような場合は、定期同額給与となるので、通常の役員給与に合算した上で過大役員給与かどうか判断され、過大であると認められる部分の金額は損金に算入されないことになる。

また、役員に対し臨時的に支給するもの、毎月不定額で支給するものは「役員賞与」として、損金の額には算入されないので注意が必要だ。

 例えば、会社によっては、接待の機会が多くなる年末や年始だけに渡切交際費を支給するというようなことも考えられるが、それが役員に対して支給されるものであれば、その金額は支給した役員に対する臨時的な給与として扱われ、この場合に

は、その内容を事前に税務署長に届出(事前確定届出給与)していない限り、損金の額に算入することはできない。

 また消費税法上も、このような渡切交際費は仕入税額控除の対象外となる。

 

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

« 通勤手当の非課税限度額を引上げ 今年1月から10万円を15万円に | トップページ | 入社3ヵ月、3年離職を防ぐ策は? 新人はウエットな人間関係求める »

寄付金」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

消費税」カテゴリの記事

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 通勤手当の非課税限度額を引上げ 今年1月から10万円を15万円に | トップページ | 入社3ヵ月、3年離職を防ぐ策は? 新人はウエットな人間関係求める »