ちば会計

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 3年連続でベースアップが実現か 黒田総裁も個人消費の底上げ望む | トップページ | 1万2千円超購入の市販薬に特例 現行の医療費控除との選択適用で »

2016年1月22日 (金)

企業価値向上表彰 大賞はピジョン(株) 優秀賞は日本ハムとカシオ計算機の2社

 東京証券取引所は今年1月、企業価値を高めた上場企業を表彰する「第4回企業価値向上表彰制度」で、2015年度の大賞にピジョン(株)を選んだ。

同社は14年度の優秀賞を超え2年連続の受賞で新年の朗報に湧き、市場関係者には驚きの声が上がった。

 同社は「一芸」に秀でたシェアを誇るベビー用品メーカー。

社歴は60年だが企業規模からいえば超大企業ではないが、受賞の理由に「資本コス
トを上回る企業価値をどれだけ生み出したかを示す独自指標を重視し、成果につなげた点を評価した」とある。

なんといっても15年1月期まで3
年間の自己資本利益率(ROE)が15~19%台と高水準を維持している点が光る。

 ピジョンは「資本コストを上回る企業価値の創造額を表す独自の経営指標である『PVA (PigeonValueAdded:みなし税引後営業利益-資本コス
ト)』等を重要指標に位置づけて、

その向上に組織一丸となって取り組み、実際に高い成果を実現するなど『企業価値向上経営』を特に高いレベ
ルで実践している」という理由が大賞受賞の評価に値した。

また投資者との建設的な対話の実現に向けて、設定した目標値や実績値の情報を積極
的に発信している、なども受賞に貢献し、市場が歓迎した。

優秀賞は日本ハムとカシオ計算機。前回大賞はオムロンだった。

千葉和彦税理士事務所、千葉経営企画㈱メインHP

携帯版HP

千葉経営企画

スマホ版HP

 

 

 

« 3年連続でベースアップが実現か 黒田総裁も個人消費の底上げ望む | トップページ | 1万2千円超購入の市販薬に特例 現行の医療費控除との選択適用で »

市場創出・就職・人材」カテゴリの記事

プライベートブランド(PB)」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

地域・伝統」カテゴリの記事

景気・世論・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 3年連続でベースアップが実現か 黒田総裁も個人消費の底上げ望む | トップページ | 1万2千円超購入の市販薬に特例 現行の医療費控除との選択適用で »