ちば会計

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 12月半ばでも新手の不審な連絡消えず マイナンバーカード、最終配達12月半ば | トップページ | 38税務署において納税者74人から 税金の徴収不足が2億7581万円 »

2015年12月26日 (土)

2016年度与党税制改正大綱を正式決定 法人実効税率は来年度に「20%台」に

 自民・公明の両党は12月16日夕、2016年度与党税制改正大綱を正式決定した。

柱は、消費税の軽減税率制度の導入のほか、法人実効税率の引下げで、国・地方を通じた法人実効税率(現行32.11%)は、2018年度までの段階的な引下げを明記した。

2016年度に29.97%と、目標としていた「20%台」を改革2年目にして実現し、さらに2018年度に29.74%に下げる。

2013年度の37%からの下げ幅は7%を超える。

 消費税の軽減税率制度は、対象品目を巡って最後まで紛糾したが、「酒類及び外食を除く食品全般」と定期購読契約の新聞(週2回以上発行)で決着。

ただし、必要な財源約1兆円については、2016年度末までに安定的な恒久財源を確保するとして、具体的な議論は先送りした。

また、消費税の納税額を正確に把握するインボイス(税額票)は、軽減税率を導入する2017年4月から4年後の2021年4月とし、それまでの間は簡素な方法とする。

 所得税では、(1)一定のスイッチOTC医薬品の年間購入額が1万2千円を超えると、8万8千円を限度に課税所得から控除する医療費控除の特例を創設、

(2) 三世代同居の住宅をリフォームした場合、改修費に相当する住宅ローンの年末残高から2%を5年間、税額控除する特例、

(3)一定の時期以前に建築された空き家を相続した場合、居住用財産の譲渡所得に3000万円の特別控除を適用、などが盛り込まれている。

« 12月半ばでも新手の不審な連絡消えず マイナンバーカード、最終配達12月半ば | トップページ | 38税務署において納税者74人から 税金の徴収不足が2億7581万円 »

企業」カテゴリの記事

税制改正」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

国税・法案・申告・e-tax」カテゴリの記事

消費税」カテゴリの記事

法人税」カテゴリの記事

確定申告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12月半ばでも新手の不審な連絡消えず マイナンバーカード、最終配達12月半ば | トップページ | 38税務署において納税者74人から 税金の徴収不足が2億7581万円 »